1. TOP
  2. 心理カウンセラーのブログ
  3. なぜカウンセリングに通わせようとしないのか?

なぜカウンセリングに通わせようとしないのか?

最初に言っておくと当カウンセリングルームにも継続的に通っている方はたくさんいます。

カウンセリングルームへのクレーム

カウンセリングルームに対するクレームの中で多いものの一つに「カウンセラーが無理に通わせようとする」というのがあります。

本当に通う必要のある場合もあれば、必要がない場合もあるのでこのようなクレームが生まれるのでしょう。

中には本人の意向も確認せずに「次回はいつにしますか?」と勝手に決めてしまうカウンセラーもいるようです。

私はカウンセリングをする中で「通ってください」ということはありません。

通ったほうが良いということを暗にほのめかすようなことも言いません。

なので「2回目以降のカウンセリングはやっていないんですか?」と聞かれることもあります。

「通って」と言わなくても相談者が絶えない人気カウンセラーだぜ!と言いたいわけではありません。

そもそも「通わないでください」とは言っていません。「通ってください」と言っていないだけです。

「通ってください」と言わない理由

なぜ「通ってください」と言わないのかという理由はいくつかあります。

本人の意思が最も大切

「通ってください」と言わない一番の理由はこちらから言うべきことではないと思っているからです。

カウンセリングは相性が大切です。

どんなに実力のあるカウンセラーであっても相談に来た人が信用してくれなかったらカウンセリングの効果は期待できません。

特に当カウンセリングルームのように恋愛相談や人間関係、トラウマ改善などを行っているところでは本人の気持ちが最も大切です。

相談に来た人が「自分は通う必要がある。そしてこのカウンセラーだったら自分の問題を解決してくれる」と思っていなければ意味がないのです。

そう思われないということは相談者にとってはそのカウンセラーは必要ないということです。

本人の負担になる

通うと決めることは義務を負うことでもありますのでそれが負担になってしまうという人もいます。

カウンセリングに通うことが精神的な負担になってしまっては本末転倒です。

本人が行きたいと思ったときにいつでも行けて、必要ないと思ったときに何の負担もなくやめられる状態にしておくべきだと思っています。

なのでカウンセリングが終わるときに「次回はいつにしますか?」と聞くこともありません。

本人が「予約が面倒なので今決めたいです」といえばその場で決めますが基本的にはその都度システムから予約してもらっています。

つまり予約をしなければいつでも終了できる状態になっています。

そうすることで「カウンセリングをやめたいと言い出し難い…」という問題が起こらないようにしています。

ゾッとした体験

最後の理由としては個人的な体験が大きく影響しています。

他のカウンセリングルームの年間の新規相談者数というのを知る機会があったのですが、それを知ったときに背筋が凍ったのを覚えているからです。

人数が多かったからではありません。その反対で少なかったからです。

複数のカウンセラーが所属しているのにも関わらず1人でやっている私のカウンセリングルームよりも新規の相談者数が少ないところの方が多かったのです。

1日に1人か2人しか来ないところもあります。

人件費などの経費を考えたら新規で来た人が何回も通わなければ経営が成り立ちません。

そう考えたときにゾッとしたのを覚えています。

悩みを抱えてやって来た相談者を複数のカウンセラーが獲物を狙うような目で囲んでいるイメージが浮かんできたのです。

この体験のおかげでカウンセラーから「通ってください」と言うべきではないという思いが余計に強くなりました。

通われるのが嫌なのか?

相談に来る方の負担にならないようにするためにこちらから通うように強制することはないのですが、それが拒絶していると受け止められてしまうこともあります。

「通った方が良いですか?」と聞かれたときに必要ないと思えば正直に「通わなくて大丈夫ですよ」と伝えています。

すると突き放しているように感じられてしまうこともあります。

ですが決して通うことを拒絶しているのではありません。

通う必要のある人が自分の意思で来ることを推奨しているのです。

私としても相談に来た方が通いたいという意思を持っているのであれば自分のところに通って欲しいというのが素直な思いです。

それはビジネス的な視点ではありません。

少なくとも自分が扱っている分野においては最も効果的なカウンセリングを受けてもらいたいと思っているからです。

しかしそれをこちら側から強制してはいけないということです。

この件に関しては伝えるのが非常に難しいことなので誤解が生じないよう注意しなければなりません。

通うべきかどうかについて疑問を持っている方は気軽に聞いてください。

サイトマップ