1. TOP
  2. 心理カウンセラーのブログ
  3. カウンセリング料金が高い理由

カウンセリング料金が高い理由

カウンセリングは料金が高いとよく言われますね。

幸い私は直接言われたことはないのですが心の中では思っている人もいるのかもしれません。

確かに50~60分で10,000円前後というのは安くはないです。

難関国家資格である弁護士でももっと安いところはありますからね。

「カウンセラーごときが何でそんなにお金を取るんだ?」と思う人もいるでしょう。

カウンセリングが高い一番の理由は保険適用ではないからです。

精神科であれば保険が適用されるので患者さんの負担は3割で済みますが心理カウンセリングでは全額負担しなければなりません。

なので高くなってしまいます。

料金を安くするとカウンセリングルームの経営が成り立たなくなってしまいます。

事務所の家賃や勉強のための書籍代など色々とお金が掛かりますからね。

薄利多売で1日に何人も受け付ければ良いと思うかもしれませんが限度があります。

何人もの相談を受けていると一回のカウンセリングの質が落ちてしまいます。

他にも様々な事情によってカウンセリングの料金は決まっています。

しかしそれは全てこちら側の事情に過ぎませんね。

相談をする側からしたら納得し難い部分もあると思います。

なので払ってもらった金額以上のサービスを提供できるように努めなければなりません。

常に最高のカウンセリングができるように学び続けるのは当然ですがそれ以外にも私なりに心がけていることがあります。

一番大切にしていることはカウンセリングを受けたことによってその人が必ず良い方向に変われるようにするということです。

何となく気持ちがスッキリしたというだけでは意味がないのです。

誰でもカウンセリングで自分の思っていることを話せばスッキリします。

しかしそれは一時的なものでしかありません。後で冷静に考えると何も解決していないということに気づきます。

根本的な問題を解決したり、重要な決断が下せるようになってもらわなければなりません。

本人が答えを出せないのであれば「私の今までのカウンセリングの経験や知識から導きだした提案はこうです」と言うようにしています。

それを本人が受け入れるかどうかは自由ですが必ず何らかの解決策を提案するようにしています。

もちろんトラウマや精神疾患のカウンセリングの場合はこの限りではありません。

それとこれは人に話すと笑われるのですが営業は全て無視するか1秒以内に断わると決めています。

なぜなら無料で会いに来た赤の他人に時間を使うということはお金を払ってカウンセリングを受けに来てくれる人への裏切り行為だからです。

私にはカウンセリングをしていないときでも仕事中はカウンセリングの質を上げるために時間を使う義務があります。

営業に対応している時間はそれを怠っているということになります。なので関係ないことには時間を使わないことにしています。

苦手な英語を駆使して一生懸命に原著の論文を研究しているのです…

カウンセリングはなぜ高いのか?という話からズレましたね。

総合的な判断をした上でカウンセリングを受ければ良いと思います。

人によっては友達とお酒を飲みながら騒ぐことで心が晴れることもありますからね。

サイトマップ