彼氏と別れるべきか考え過ぎると間違えた判断をする

彼氏と別れるべきかどうか迷っているときに自分の心に深く向き合い過ぎるのは危険かもしれません。

苦しさや寂しさ、嫉妬心などの感情が沸いてくる原因を考えるときに真実よりも納得のしやすさを基準に考えることがあります。

そのときに下す判断は間違えていることが多いです。

別れるべきではないのに別れてしまったり、継続すべきでないのに継続してしまったりする可能性があるのです。

関係性について詳細に分析した後の判断はアテにならない

二人の関係について深く分析しすぎると誤った判断をするということは実験でも分かっています。

ヴァージニア大学の研究者は大学生のカップルに関係の満足度についてアンケートを行いました。

その際にグループを2つに分けました。

1つのグループには回答する前に二人の関係が上手くいっている理由のリストを作成するよう言われました。
さらに良い面と悪い面について詳細に考えるようにも求められました。

もう1つのグループは事前に何もせずにそのままアンケートに回答しました。

それから数ヵ月後にまだ関係が継続しているかどうかを確認しました。

事前に何もしなかったグループが別れていたかどうかはアンケートで回答した満足度と相関がありました。
つまり満足度の高いカップルは別れていませんでしたが、低いカップルは別れている可能性が高かったのです。

これは当然の結果と考えられます。

では回答前に関係性について詳細に分析したグループはどうだったでしょうか?
満足度と別れているかどうかに相関はありませんでした。

満足度が高いからといって別れの可能性が低いわけではなかったのです。

これは実験が別れに繋がったということではありません。

満足度に関するアンケートの評価を間違ったということです。

彼氏と別れるべきかどうか悩んでいるという女性の相談を受けていると誤った思考に陥っている人が多いことが分かります。
1人で悶々と考えすぎると思考の罠にハマり余計に混乱するのです。

そして事実ではなく自分の最も納得しやすいストーリーを感情が沸いてくる理由と結論づけます。
この状態のときに下した判断は長期的な視点でみた場合には間違いである可能性が高いのです。

またこれは別れるべき相手と別れられない女性についての説明となりますが、このタイプは別れた後にその悲しみに自分が対処できるかという能力を過少評価する傾向があります。

つまり「別れたらいつまでも寂しい気持ちが続くに違いない」と思い込み勇気が持てないのです。

しかし多くの人は時間の経過とともにその感情は薄くなっていきます。
それでも未練が残っているように感じるのはたんなる情であることがほとんどです。

関係を継続するにしても別れるにしても長期的な視点に立って判断することが大切です。

また「これは事実なのか?自分の思考が作り出した幻想なのか?」ということをきちんと分類する必要もあります。

参考文献:Timothy D Wilson, et al. (1986). Effects of introspection on attitude-behavior consistency: Analyzing reasons versus focusing on feelings.

タイトルとURLをコピーしました