仕事の悩み相談

仕事の悩み相談

マキャベリストとは:自分の利益のために他人を騙し利用する人間

マキャベリストとは自分の利益のために相手を利用したり騙す人のことです。目的を達成するためであれば手段を選ばない人ともいえます。心理学ではサイコパス、ナルシストと並んで邪悪な性格の一つとされています。マキャベリストは決して珍しい存在ではありません。職場や学校であなたの隣にいるかもしれません。
仕事の悩み相談

仕事や勉強が計画通りに進まないのは過去の体験を重要視せずに楽観的に考えるから

計画を立てても予定通りに進まないのは「計画錯誤」という認知のバイアスがかかっているからです。私たちは過去に期限内に仕事や勉強を終了させることが出来なかったという体験をしていてもそれを重要視しません。そして楽観的な観測に基づいて新たな計画を立てるのです。
仕事の悩み相談

集中力が続かない原因は「単なる思い込み」かもしれない

集中力が続かないのは脳が疲れているからではありません。脳はカロリーを消費しますが疲れるかどうかは不明なのです。それよりも筋肉や目の疲れを感じることで集中力が落ちたと勘違いしている可能性があります。集中力を高めるためには自分の思い込みを変えれば良いのです。
仕事の悩み相談

予言の自己成就とは:思い通りになる心理学の仕組み

予言の自己成就とは誤った考えでもそれに従って行動することによって真実になるという社会心理学の現象です。自己成就的予言とも呼ばれます。具体例としてはオイルショック時のトイレットペーパー不足が挙げられます。またピグマリオン効果も予言の自己成就の一種といえます。仕事や勉強の能力にも影響を与えますからプラスの信念を持つようにしましょう。
仕事の悩み相談

セクハラする男性の心理:身体的コンプレックスを刺激され脅威を感じている

職場でセクハラをする男性の心理は複数考えられます。しかしほぼ全員に共通することがあります。それはコンプレックスを抱えているということです。これは仕事の能力だけではなく身体的なことについてもいえることです。男性でも自分の体に自信のない人は脅威を感じて攻撃的になるのです。
仕事の悩み相談

仕事と趣味をバランスよく両立させると自己効力感が高まる

「自分は仕事をうまくこなすことができる」という感覚を自己効力感といいます。自己効力感を高める方法はいくつかありますが趣味を持つこともその一つです。コツは仕事と似ていないことを趣味にすることです。
仕事の悩み相談

知識の呪縛:本当に新人が使えないのか?会社の仕組みの問題ではないのか?

新人が使えないのは組織内で「知識の呪縛」と「無駄な緊張」が発生し本来の能力を発揮できていないからかもしれません。同じ新人でも違う組織に所属すれば力を発揮できることがあります。新人の能力を疑う前に自社の育成の仕組みを見直したほうが良いです。
仕事の悩み相談

ネットの批判や悪口を気にする必要がない理由

芸能人でもアイドルでもスポーツ選手でも最近の若い人はネットに書き込まれた批判や悪口を気にしてしまう人が多いようです。心理学と脳科学の見地から言うとネットに悪口を書き込む人は必ず一定の割合で存在します。満たされていない人や自己顕示欲と社会的地位のバランスが取れていない人たちです。このタイプの言うことは正しくないので気にする必要はありません。
仕事の悩み相談

営業が辛い本当の理由は罪悪感や惨めさかもしれない

営業が辛いと思っている人はたくさんいるのですが本当の理由を理解出来ている人は少ないです。あなたが営業を辛いと思う理由はノルマが厳しかったり上司から怒られたりすることだけではありません。もっと根本的な原因が心の奥に隠されているのです。それは罪悪感や惨めさといった感情です。
仕事の悩み相談

職場で必要とされていない、自分がいなくても会社は回ると思っている人へ

当カウンセリングルームにも「職場で必要とされていない」「自分がいなくても会社は回る」というマイナス思考を持った人が相談に来ることがあります。安心していただきたいのですが会社から本当に必要とされているホワイトカラーなど全体の1%もいないのです。なぜなら会社というのはそのように設計するのが正しいからです。社員が抜けたくらいで影響が出るような会社はむしろ危険な会社なのです。自分の存在価値に悩むという無駄なことはやめましょう。
タイトルとURLをコピーしました