感情のコントロール

感情のコントロール

怒りっぽい人は左手を使うことで自制心を鍛えることができる

怒りっぽさやキレやすさを改善したい人は左手を使って生活しましょう。利き手でないほうを使う度に苦労をすることで自制心が鍛えられるのです。実験では2週間、このトレーニングを続けることによって相手に復讐したいという衝動が抑えられるようになったという結果が出ています。
感情のコントロール

人間が自分のことを棚に上げるのは当然の心理

他人から何か言われたときに「自分のことを棚にあげてよく言うよ」と思うかもしれません。しかしあなたも同じことをしている可能性が高いです。人間は自分を棚に上げる心理を当然に持っているものなのです。これはちょっとした思考実験からも分かることです。あなたもやってみてください。
感情のコントロール

性格に遺伝が影響する割合は50%!性格は変えられないのか?

いくつかの研究データを大まかに平均すると性格に遺伝が与える影響は約50%と考えられています。親がどのように育てたかというのはそれほど関係ないのです。だからといって性格は変わらないというわけではありません。
感情のコントロール

母親のようになりたくないのに似ている自分が大嫌いな人

毒親や問題のある母親に育てられると「母親のようにはなりたくない」と考えるのは当然です。しかしそう年を重ねるごとに自分が母親に似てきているということに気づき自分が嫌いになってしまう人もいます。そうならないためには否定形ではなくポジティブなメッセージを脳に送る必要があります。
感情のコントロール

優しい人と思われたいなら第三者を褒める(自発的特徴変換)

優しい人だと思われたいなら皆から好かれようとするのではなく誰かをさり気なく褒めることです。話題に出ている第三者の特徴というのは話し手の印象として聞き手に残るのです。これを心理学で自発的特徴変換といいます。
感情のコントロール

目的意識のある人は他人からの評価で自尊心が高まることはない

目的意識を持っている人はFacebookやインスタグラムなどのSNSでどれだけ「いいね!」をもらっても自尊心には何の影響もないことが分かりました。反対に目的意識のない人ほど他人からの評価をとても気にします。
感情のコントロール

他人の批判ばかりしてしまう時は自分の本音を知るチャンス

いつも他人の批判ばかりしてしまうという人は同じパターンが隠れていないか注視してみましょう。批判は願望の裏返しなのです。本当は自分もやりたいと思っていることを他人がやっていることが気に入らないだけかもしれません。それを知るだけでもイライラしなくなります。
感情のコントロール

怒り・イライラを一時的に抑える方法

怒りやイライラを一時的に抑えるための方法を紹介します。あくまでもその場を乗り切るための瞬間的な対処法なのでテクニックとして利用してください。怒りやイライラを抑える方法は人によって合う合わないがありますのでいくつか試す中で自分が良いと思うものを1つか2つ継続してください。
感情のコントロール

怒り・イライラを解消する方法

怒りやイライラを根本から解消するための方法を紹介します。まず大切なことは怒りやイライラを感じたときにその感情を否定しないことです。認めたうえで怒りやイライラの意味を分析するのです。分析して対処方法を見つけるだけでも気持ちが治まるということはよくあります。冷静に考えてみると原因が別のところにあるということもあります。
感情のコントロール

怒らない人になるための習慣

怒らない人になるためには習慣を変えることと自分の価値観をしる事が大切です。怒りっぽい人というのは自ら怒りを生み出しやすい習慣を作り出しているのです。食事や睡眠、運動など日常生活を変えるだけで怒りっぽさはだいぶ改善されます。また自分がどう生きたいかを知りそれに邁進することでどうでも良いことでは怒らない人間へと成長できます。
タイトルとURLをコピーしました