感情のコントロール

感情のコントロール

人はなぜ怒るのか?

人がなぜ怒るのかというと生命の危機に対応するためです。怒ると交感神経が優位になり心拍数、血圧が上がり発汗もします。これは闘うには有利な体の状態と言えます。現代人は何かと直接闘う機会はありませんが日々のストレスを生命の危機と捉えるため怒りやイライラの感情が生まれるのです。
感情のコントロール

怒りと脳・神経伝達物質

攻撃やストレスを受けたときに脳内で最初に反応するのは大脳辺縁系という原始的な部分です。これによって反撃しようとします。しかししばらくすると今度は前頭前皮質という合理的な判断を行える部位が反応するために暴走を抑えることができるのです。またノルアドレナリンなどの神経伝達物質も大量に放出されます。
タイトルとURLをコピーしました