HSP(とても敏感な人)

HSPとは病名ではなく概念です。
敏感な気質を持ち生活のし難さを感じている人を表します。
そのため診断されるものでもありません。

HSP(とても敏感な人)

会話中に目が合うのが苦手な人が知っておくべき視線の錯覚

人と話すときは相手の目を見ろと言われます。しかし人によっては視線が合うことが苦手な人もいます。恥ずかしかったり心を読まれているのではないかと不安になるのです。しかし相手が自分の目を見ているというのは錯覚にすぎないことが多いのです。実験でも証明されています。
HSP(とても敏感な人)

睡眠不足だと痛みを感じやすくなり、鎮痛剤も効かない可能性がある

HSPの中には痛みに敏感な人もいます。いつもではないけれど時々そうなるという人は睡眠不足が原因かもしれません。寝る時間が少ないと痛覚刺激への感受性が高まり痛みを感じやすくなるのです。動物実験では鎮痛剤が効かないという結果も出ています。
HSP(とても敏感な人)

拒絶感受性(RS:Rejection Sensitivity)とは

人に嫌われることを異常に恐れるのは拒絶感受性が高いからです。HSPの人が併せ持つことの多い特性でもあります。ちょっとした行動も大げさに捉えてしまい深く落ち込んでしまうのです。
HSP(とても敏感な人)

寝起きが悪いのは目覚まし時計やアラームを使っているからでは?

寝起きの悪い人や朝から気持ち悪かったり、調子が悪いという人は音で起きているのが原因かもしれません。人間の体は急な音で驚いて起きると自律神経が興奮してしまうので体に負担がかかってしまうのです。敵に襲われたのと同じ状態です。
HSP(とても敏感な人)

太陽光が苦手でなくてもサングラスで紫外線をカットすると疲れにくくなる

太陽光が苦手ではないHSPの人もサングラスを掛けると疲れやすさを改善できるかもしれません。紫外線が目に入るだけでも人間は自律神経が興奮状態になるので疲労がたまってしまうのです。それをカットできれば精神的負担だけでなく肉体的負担も軽減できるのではないでしょうか?
HSP(とても敏感な人)

他人に敏感すぎるのはHSPなのか?トラウマなのか?

他人の表情や言動に敏感になってしまうという特徴はHSPに限ったことではありません。幼少期の養育環境やトラウマによって敏感すぎる性格になってしまうこともあるのです。HSPによると敏感さとトラウマによる敏感さは克服方法が異なりますから注意してください。
HSP(とても敏感な人)

HSPの人が仕事で辛いと思ったときの対処法

HSPの人は仕事の悩みを抱えがちです。他の人の機嫌が気になったり、自分ばかり上司に怒られているのではないかと不安になったりします。またHSPの人は頼まれると断われないことも多く必要以上に仕事を抱え込んでしまうこともあります。そんなHSPの人が仕事で辛いと感じたときにどのように対処すれば良いのか説明したいと思います。
HSP(とても敏感な人)

一緒にいると疲れる人

一緒にいるだけで疲れる人というのが存在します。一緒にいるだけではなく電話やメール時にはその相手のことを考えただけでも疲れてしまうという人もいます。彼らは常にネガティブな感情を撒き散らしながら生活しているため周囲の人を疲れさせてしまうのです。そしてその影響をモロに受けてしまうのがHSPの人たちです。
HSP(とても敏感な人)

感受性の強さと認知の歪みは分けて考えましょう

HSPの人は感受性が強い傾向にありますがそれがマイナス思考やネガティブな感情を生み出していると考えるのは間違いです。実際には生育環境や体験によってつくられた心の癖によって歪んだ認知が原因です。生まれ持ったものというよりは後天的な影響の強いものですから思考のトレーニングによって変えることができます。
HSP(とても敏感な人)

HSPの人に向いている職業は人によって異なる

カウンセリングをしていると「HSPの人に向いている職業は何ですか?」と聞かれることがあるのですがそれは人によって違うとしか言えません。ネットに載っている「HSPに向いている職業リスト」のようなものは素人が書いた信憑性に乏しい記事である場合がほとんどですので真に受けるのは危険です。同じHSPでも人によって向いている職業、向いていない職業は存在するのですから個別に考える必要があります。
タイトルとURLをコピーしました