HSP(とても敏感な人)

HSP(とても敏感な人)

会話中に目が合うのが苦手な人が知っておくべき視線の錯覚

人と話すときは相手の目を見ろと言われます。しかし人によっては視線が合うことが苦手な人もいます。恥ずかしかったり心を読まれているのではないかと不安になるのです。しかし相手が自分の目を見ているというのは錯覚にすぎないことが多いのです。実験でも証明されています。
HSP(とても敏感な人)

HSS(感覚刺激追求型)とは

HSSとは日頃から好奇心が強く刺激を求める気質のことです。退屈な状態に耐えることが出来ないという特徴も持っています。危険を過少評価する傾向もあるため身体的、金銭的な損害を被ることもあります。良い面としてはストレスや恐怖を感じ難いといったことが挙げられます。
HSP(とても敏感な人)

HSSとHSPの混合型の特徴

HSPの人の2,3割はHSSとしての特性も持っている混合型と言われています。敏感な気質と刺激と求める欲求が同時に存在しているのです。HSS型HSPの特徴としては気分の上下が激しいことや燃え尽きやすいことなどが挙げられます。前に行きたがる気持ちとそれを抑えようとする気持ちが主導権争いをしているような状態です。
HSP(とても敏感な人)

HSSのチェックリスト(日本語版テスト)

HSSチェックのための40項目のテストです。刺激や危険を求める傾向が分かります。「Sensation Seeking Scale」をもとに日本人の性格に合わせて改変しています。このチェックリストは診断を確定するためのものではありません。
HSP(とても敏感な人)

HSPの人が仕事で辛いと思ったときの対処法

HSPの人は仕事の悩みを抱えがちです。他の人の機嫌が気になったり、自分ばかり上司に怒られているのではないかと不安になったりします。またHSPの人は頼まれると断われないことも多く必要以上に仕事を抱え込んでしまうこともあります。そんなHSPの人が仕事で辛いと感じたときにどのように対処すれば良いのか説明したいと思います。
HSP(とても敏感な人)

太陽光が苦手でなくてもサングラスで紫外線をカットすると疲れにくくなる

太陽光が苦手ではないHSPの人もサングラスを掛けると疲れやすさを改善できるかもしれません。紫外線が目に入るだけでも人間は自律神経が興奮状態になるので疲労がたまってしまうのです。それをカットできれば精神的負担だけでなく肉体的負担も軽減できるのではないでしょうか?
HSP(とても敏感な人)

他人に敏感すぎるのはHSPなのか?トラウマなのか?

他人の表情や言動に敏感になってしまうという特徴はHSPに限ったことではありません。幼少期の養育環境やトラウマによって敏感すぎる性格になってしまうこともあるのです。HSPによると敏感さとトラウマによる敏感さは克服方法が異なりますから注意してください。
HSP(とても敏感な人)

一緒にいると疲れる人

一緒にいるだけで疲れる人というのが存在します。一緒にいるだけではなく電話やメール時にはその相手のことを考えただけでも疲れてしまうという人もいます。彼らは常にネガティブな感情を撒き散らしながら生活しているため周囲の人を疲れさせてしまうのです。そしてその影響をモロに受けてしまうのがHSPの人たちです。
HSP(とても敏感な人)

HSPの克服方法は「スペース、ペース、ピース」と呪文化すること

HSPの克服方法を知ってもピンチのときにそれを思い出せないという問題があります。HSPの人は危機に瀕したときに混乱してしまうこともあるので当然です。そんなときのために対処法を呪文化しておくことをおすすめします。
HSP(とても敏感な人)

睡眠不足だと痛みを感じやすくなり、鎮痛剤も効かない可能性がある

HSPの中には痛みに敏感な人もいます。いつもではないけれど時々そうなるという人は睡眠不足が原因かもしれません。寝る時間が少ないと痛覚刺激への感受性が高まり痛みを感じやすくなるのです。動物実験では鎮痛剤が効かないという結果も出ています。
タイトルとURLをコピーしました