HSP(とても敏感な人)

2/4ページ

感受性の強さと認知の歪みは分けて考えましょう

HSPの感受性の強さによってマイナス思考になったり他人の感情を気にしすぎてしまうと思っている人がいます。そして生まれついた気質なので変えられないと諦めています。 このような考えを持っている人は認知の歪みに気づいていないだけかもしれません。カウンセリングに来る人でも認知の歪みとHSPの感受性の強さの区別が出来ていないケースが多いです。 マイナス思考や他人の顔色ばかり気にしてしまうというのはHSPによ […]

HSPの人に向いている職業は人によって異なる

カウンセリングをしていると「HSPの人にはどんな職業が向いていますか?」と質問されることがあります。これに対して全てのHSPの人をまとめてこういう職業が向いていますと提案することは難しいと言えます。 リストはアテにならない HSPではない人でも向いている職業と向いていない職業があるのと同じようにHSPの人にも向き不向きはあるのですから一概にまとめることは不可能です。 サイトの情報は信憑性がない と […]

HSPとマインドフルネスストレス低減法(MBSR)の実験的研究

マインドフルネスはHSPの人のストレスや不安の低減と相性が良いことはよく言われます。 少し前ですがマインドフルネスストレス低減法がHSPにどのような影響を与えるのかという研究が「Europe’s Journal of Psychology」という学術誌に掲載されていました。 オープンユニバーシティーのイルゼ・ソーンズ氏らの研究です。結果としてはストレスや社会不安などHSPに関連する項目について改善 […]

HSPの敏感さに生まれ育った環境が与える影響

HSPの敏感さは生まれ持った気質(遺伝的特徴)です。 外からの刺激に敏感に反応したり他人の気持ちを察することが得意なのは先天的に備わった特徴です。 HSPとしての特徴を持っている人の中にもそれを長所として自分に自信を持って生きている人もいれば、短所としてしか捉えられずに自己肯定感の低いまま生きている人もいます。 これには生まれ育った環境が大きく影響していると考えられます。また環境によって元々の敏感 […]

情動的共感(感情的共感)と認知的共感そして遺伝子の話

共感には2種類があります。無意識かつ自動的に感情を共有する情動的共感(感情的共感)と、相手の視点で考えてみるといったように意図的に相手の心を理解する認知的共感です。 この2つは脳内の反応する場所にも違いがあるため人によってどちらか一方だけが優れていたりとアンバランスな状態になることがあります。HSPのように両方の共感力が優れているというケースもあります。 情動的共感(感情的共感) 情動的共感とはま […]

情動伝染スケール(感染しやすい感情のテスト)

HSPは感受性が強いと言われていますが人によって感染しやすい感情は異なります。 愛、幸福などプラスのものもあれば、恐怖や怒りなどマイナスなものもあります。情動伝染スケール(Emotional Contagion Scale)はどの種類の感情を受け取りやすいかを知るのに役立ちます。 日本語版が見当たらなかったため当カウンセリングルームにて翻訳しておりますが英語版と大きな差異はないと思われます。 設問 […]

HSPと発達障害を勘違いしてしまうのはなぜか?

確率的に言えばHSPであり発達障害でもあるという人はいます。しかしこの2つは別のものです。それにも関わらず「私は発達障害かもしれません」と勘違いしてしまうHSPの人がいます。 なぜ混同してしまうことがあるかというと表面的な特徴の一部が似ているからです。HSPの人が発達障害の診断基準を見たときに自分に当てはまっているような気がすることもあります。 発達障害とは総称のこと 発達障害とは脳機能の発達に関 […]

HSPはうつ病の原因になるのか?

気分が沈んだり、体がだるかったり、集中力や思考力が低下したりといった症状が重なることもありますがHSPとうつ病は異なるものです。 またHSPの人がうつ病になりやすいというデータもありません。 個人的な見解ですが仮に関連があるとしてもHSPとして生活する中で無意識に身につけた思考パターンが原因になっているのではないかと思います。 うつ病とHSPの違い うつ病とHSPでは体内で起こっていることが違いま […]

HSPは集中力の波が激しく変化する

HSPは集中力の波が激しい人が多いです。 さっきまで集中して仕事が出来ていたと思ったらちょっとしたきっかけによって急激に集中力が落ちるということがあります。 また一週間の中で集中できる日と全く出来ない日というのもあります。特に女性の場合は月経の周期もありますからこの差は大きくなりがちです。 何もしない方が良いのか?色々と試すべきか? HSPの人の場合、一週間以上何もする気が起きないということもある […]

HSPの人におすすめの本(書籍)は1冊だけ

カウンセリングをしていると「HSPのおすすめの本を教えて下さい」と言われることがあります。 今は書店にいくと何冊ものHSP関連の本が並んでいますから迷ってしまうのは当然です。 私がおすすめする本は『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』(エレイン・N・アーロン)です。 これ1冊だけ買えば十分だと思います。 参考文献が全て同じという異常事態 HSPというのは脳が敏感に反応してしまう人の […]

1 2 4