ストレスと不安の対処法

ストレスと不安の対処法

思い込みが激しいのは病気か?認知の歪みか?

相手の何気ない言動を大袈裟に捉えて「自分は嫌われている」と被害妄想を持つ人がいます。さらに深刻なパターンでは周りの人が自分を陥れようとしているとか攻撃してくると不安になることもあります。このような思い込みが激しい人には心の病気や認知の歪みが生じているのかもしれません。
ストレスと不安の対処法

白黒思考(二極思考):良いか悪いかだけの極端な考え方

白黒思考とは物事を「良い・悪い」「成功・失敗」というように両極端に決め付けて考えてしまうことです。二極思考や全か無かの思考と呼ばれることもあります。認知の歪みの一つとされており恋愛や仕事において悪影響を及ぼします。簡単なチェック方法としては自分の口癖を振り返るというものがあります。「いつも」「常に」といった言葉が多い人は白黒思考を持っているかもしれません。
ストレスと不安の対処法

ピルが情緒不安定やうつ病につながるという研究結果

ピルやアフターピルを使用している女性の中には情緒不安定や落ち込みを感じる人がいます。うつ病のリスクが高くなることを示唆する研究もあります。実験ではエストロゲンやプロゲステロンが脳の発達に影響を与えることも分かっていますからホルモンバランスを変化させることで気分が変化するのも自然なことです。またピルを服用している人は恐怖や不安を克服するための心理療法における効果が得難いということも分かっています。
ストレスと不安の対処法

透明性の錯覚:相手に心が見透かされている気がするのはなぜか?

透明性の錯覚とは自分の心の中を見透かされていると過大に信じ込んでしまう心理現象です。認知のバイアスの一種とされています。職場で上司と話すときや学校で先生と話すときなどに起こりやすいかもしれません。人前でスピーチをするのが苦手な人も透明性の錯覚が強く働いている可能性があります。
ストレスと不安の対処法

ストレスをポジティブに受け止めると身体反応が変わる

ストレスをどう認識するかによって心だけではなく身体的な反応も変化させることができます。ストレスが健康に悪影響を及ぼすと認識している人は早死にするリスクが高まり、ストレスをポジティブに認識する人は勇気や喜びによる興奮と同じような身体反応を得ることができます。
ストレスと不安の対処法

ストレッサー(ストレス源)の種類

ストレスの原因となる外部からの刺激をストレッサー(ストレス源)と呼びます。ストレッサーは大きく4種類に分類することができます。私たちが「ストレスを感じる」と言うときに原因となるものの多くは心理・社会的ストレッサーです。
ストレスと不安の対処法

ストレスコーピングのリストを作成して御守にする方法

自分から意図的にストレスを処理することをストレスコーピングと言います。ストレスを感じやすい人はこのストレスコーピングをリスト化したものを持ち歩くことで御守として機能させることができます。内容は簡単なものでかまいませんのでたくさんの対処法を書き込みましょう。
ストレスと不安の対処法

なぜ自分は変われないのか?(現状維持バイアス)

自分を変えたいと思ってもなかなか変われない人が大勢います。人間には現状維持バイアスという変わりたくない本能がありますから当然なのです。自分を変えるためには自分の脳内にある思考の枠組みに気がつくことが大切です。
ストレスと不安の対処法

出来るときに出来ることだけやれば良い

ストレスに対処するための方法は出来るときに出来ることだけやれば良いです。どんな心のトレーニングが合うのかは個人差が大きいのです。合わない方法を無理に継続してもそれ自体がストレスになってしまいます。脳の神経細胞の可塑性のパターンは人によって異なります。
ストレスと不安の対処法

「辛いことから逃げるな」と言っているのは人間だけ

逃げ出したいくらい辛いことがあるなら逃げて良いのです。「逃げるな」と言っているのは動物の中では人間だけです。危険が迫ったら闘うか逃げるか死んだフリのどれかをすれば良いのです。その全てが正しい生存戦略なのです。逃げることは恥ではありません。
タイトルとURLをコピーしました