ストレスと不安の対処法

1/2ページ

思い込みが激しいのは病気か?認知の歪みか?

相手の些細な言動によって嫌われていると決め付けたり、上司に軽く注意されただけで自分は無能と判断してしまう人がいます。 もっと深刻になると周りの人間が自分を陥れようとしているに違いないという被害妄想を持つこともあります。 このような激しい思い込みの原因には心の病気や認知の歪みが考えられます。 心の病気 激しい思い込みを特徴とする心の病気は複数存在します。 私は精神科医ではありませんので詳細は省きます […]

白黒思考(二極思考):良いか悪いかだけの極端な考え方

物事を両極端に考えて決め付けてしまう人がいます。 成功か失敗か、良いか悪いか、敵か味方かといったようにどちらか一方に振り切っていいます。 このような考え方を「白黒思考」または「二極思考」と言います。「全か無かの思考」などと呼ばれることもあり認知の歪みの一つに数えられています。 白黒思考を持つ人はグレーゾーンを認めることが苦手なのです。 具体例からチェック 白黒思考は日常生活の様々な場面で表れます。 […]

ピルが情緒不安定やうつ病につながるという研究結果

ピル(経口避妊薬)を服用している人の中には情緒不安定になったり気分の落ち込みを感じる人もいます。 これは一部の研究でも可能性が示唆されていることです。 ホルモンのバランスを変化させる以上はこういった副作用が生じるのは不思議なことではありません。 また恐怖や不安を克服するための心理療法の効果が発揮されにくい場合もあります。 ピルは避妊以外の目的で用いられることのほうが多い ピルが避妊に効果的なのは卵 […]

透明性の錯覚:相手に心が見透かされている気がするのはなぜか?

職場や学校で誰かと話すときに心の中が見透かされているように感じることはないでしょうか? 特に相手が上司や先生、恋人などのときにこのような感覚に陥りやすくなるかもしれません。 それによって相手から怒られたり疑われたりするのではないかと不安になってしまう人もいます。 酷い人になると業務上の報告をすることさえ恐れてしまうようになります。 しかし実際に自分の心の中が相手に見透かされているというケースは少な […]

ストレスをポジティブに受け止めると身体反応が変わる

ストレスを感じたときに心拍数の増加や発汗といった身体反応が起こると余計に焦ったり不安に思ったりしてさらにストレスを感じるという悪循環に陥ることがあります。 このような場合にはストレスに対する認識をポジティブなものへと変えることによって抑えることができます。 ストレスをどのように認識するかによって身体反応も変化させることができるのです。 ストレスを感じたら「体が適切な準備を始めたぞ」とポジティブに捉 […]

ストレスコーピングのリストを作成して御守にする方法

ストレスに対し自分から意識的に働きかけ対処することをストレスコーピングと言います。(coping=対処) ストレスを感じやすい人は自分で簡単にできるストレスコーピングをリスト化して常に持ち歩くと効果的です。 リストを作成するという行為そのものがストレスへの向き合い方を変えてくれます。作るだけで心が落ち着くこともあります。 そしてそれを持ち歩くことでストレスを受けたときに「自分には対処法がある」と思 […]

「辛いことから逃げるな」と言っているのは人間だけ

辛いことや困難なことから逃げるなという人がいますが間違いです。 逃げるというのは動物の生存戦略として正しい選択のひとつです。 そもそも危機に直面したときに「逃げるな」と言っているのは動物の中では人間だけです。 危ないときは相手を倒すか逃げるかの二択なのです。もしくは死んだフリです。 緊張するのは「闘うか逃げるかしろ」という本能からのメッセージ 辛い場面に遭遇したときに緊張するのはなぜだか分かります […]

なぜ自分は変われないのか?(現状維持バイアス)

弱い自分を変えたいと思っている人は多いです。 弱さに限らず面倒臭がりな自分や継続出来ない自分を変えて成長したいと思っている人は大勢います。 しかしほとんどの人が「やはり自分は変われなかった」と諦めてしまいます。 自己啓発やトレーニング、カウンセリングを受けてそのときはやる気になってもしばらくするとやる気が落ちてしまうのです。 現状維持バイアスのせいで変われない 人間には変化を恐れる本能のようなもの […]

出来るときに出来ることだけやれば良い

ストレスに対処するための方法を本やネットで調べてやってみても結局は変われなかったという人は少なくありません。 なぜ変われないかというと心を変えるための方法は個人差がありますし継続しなければ効果が分からないからです。 本で調べた方法が自分に合わなないのに無理に続けようとするとそれがストレスになります。 そして中途半端なところで投げ出してしまい「自分は弱いんだ」という認識を持ってしまうのです。 ストレ […]

インターネットのストレスはSNSだけではない

SNSをやめてストレスフリーになったという人の中にもまだまだインターネットから無意識のうちにストレスを受けている人がいます。 特に習慣的にインターネットを見る人は注意が必要です。その何気ない習慣が脳のエネルギーを無駄に消費させているかもしれません。 ネットの記事の信憑性の低さ 「ネットの記事は信憑性が低い」ということをネット上で言うのもおかしな話ですが説明させてください。 検索結果に出るのは信憑性 […]