カウンセリングは意味がないと思われる理由

カウンセリングを受けたことのある人の中には「意味がなかった」と思っている人も少なくありません。
そう思われてしまう一番の理由はカウンセラーが話を聴いていただけというケースが多いようです。

カウンセリングを受けにくる人というのは期待をしてきます。
アドバイスしてくれたり、独自の理論に基づいたカウンセリングをしてくれるのだろうと…

でもカウンセラーは聴いているだけ…なので「カウンセリングは意味がない」と思われてしまう…

日本のカウンセリングは来談者中心療法が最も多い気がします。
クライエント中心療法、パーソンセンタード・アプローチなど言い方は色々ありますが要するに相談に来た人の話を聴くことが中心となるカウンセリング手法です。

カール・ロジャーズというアメリカの有名な臨床心理学者が考え出した手法です。
カウンセリングの世界では相談に来る人のことを「クライエント」と呼びますがこの呼び方を最初に始めたのもこの人です。

ロジャーズの考え方を簡単に言ってしまうと「人間を含む生物(有機体)というのは自分で成長する力があるんだよ」ということです。

だから相談に来た人に喋らせれば話を聴いてもらったことで安心するし、自分で答えを見つけるでしょうということです。
そして日本のカウンセリング業界で大御所と言われる人たちもこの手法を用いている人が多かったのです。

なので今も多くのカウンセラーがこの方法を中心に行っているのです。

確かにクライエントの中には話を聴いてもらうだけで症状が改善していく人も多いです。
ですが全員がその方法で改善できるわけではありません。

もっと言ってしまえば話を聴くだけでクライエントの悩みを解決できるのはカウンセラーの個性による部分が多いこともあります。

私もカウンセリング界の大御所と呼ばれる人たちの講演を聞いたことはありますが雰囲気が違うのです。

「この人に話を聴いてもらえれば安心するだろうな」という独特の雰囲気を持っている人が多いです。

そういう人たちに悩みを話せば誰でも「私はこんなことを考えていたのか」と自分でも気づかなかった感情がポロポロ出てきて自分で答えを見つけることは出来ると思います。

しかし全てのカウンセラーがそういうタイプなわけではありません。
経験を重ねることでどんなクライエントに対してもそういう気持ちを持たせることが出来るようになると思うのですが、ほんの数年で身につくものではないと思います。

それにも関わらずどんな相談に対してもただ話を聴くだけという手法を用いているとカウンセリングの意味が全くなくなってしまうのではないでしょうか。

話を聴くだけでクライエントを改善させることが出来るというのはカウンセラーの自惚れではないでしょうか?
人それぞれ最適なカウンセリング手法というのは異なるのです。相談者に合わない手法を用いても意味がありません。

なのでカウンセラーはどんな手法にも対応できるようにしておかなければなりません。

しかしカウンセラーが「来談者中心療法だけではなく様々な手法を持っています」というとただの器用貧乏みたいな風潮があるのです。

お医者さんが「精神科、整形外科、婦人科、小児科なんでも出来ます」と言っているのと同じじゃないかみたいな雰囲気なのです。

でもこれは全く違うのです。カウンセリングというのはお医者さんの診療科ほど幅広くはありません。

例えるなら「腕の骨折も足の骨折も対応できます」と同じレベルなのです。

実際に私は複数の手法を用いていますがどれか一つだけ得意ということはありません。

どれも同じくらいの知識と技術を持っていますし、常にそれぞれの心理療法の最新情報を学んでいます。情報量としてはそれほど多くないのです。

大切なことはどの方法が最も適しているのかを見極めて、クライエントにもしっかりと理解と納得をしてもらってから心理療法を始めることです。

「カウンセリングに行っても意味がなかった」と言われてしまわないように常に技術を研鑽していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました