あがり症・赤面症を克服するカウンセリング

あがり症や赤面症というのは性格の問題ではなく社交不安障害という精神の疾患です。
当カウンセリングルームでは心理療法による克服を行っています。

あがり症・赤面症の診断・チェックリスト

あがり症・赤面症のチェック項目です。人前に出るときに以下のような特徴的な症状があらわれます。

  • 顔が真っ赤になる
  • 大量に汗をかく
  • 人前で字を書くと震える
  • スピーチでどもる、声がうわずる
  • 食べるところを見られるのが怖い
  • 電話に出るのが怖い
  • 他人の視線が怖い
  • 他人の視線を感じると手や膝が震える
  • 上記の症状が出たらどうしようと不安になる

※チェックリストにある全ての症状があらわれるわけではありません。

あがり症は社交不安障害という精神疾患

あがり症・赤面症と呼ばれる症状は正式には社交不安障害という精神疾患です。
(※このサイトでは一般に用いられているあがり症・赤面症を使っています)

社交不安障害の人は人前に出ると顔が赤くなったり、大量に汗をかいたり、体が震えたりという身体症状があらわれます。

誰でも人前に出れば緊張したり声がうわずったりすることはありますが何度も同じような経験をしていると慣れてくるものです。

しかし社交不安障害の人の場合は慣れるということがありません。
それどころか「次も恥をかいたらどうしよう」という不安がより強くなってしまい新たな身体症状が追加されてしまうことすらあります。

社交不安障害は内気で控えめな性格だからなるというわけではありません。
負けん気が強く目立ちたがり屋の人もなります。

また人前に出ると必ず顔が赤くなったり、発汗するわけでもありません。
年下の人の前では何でもないのに年上の人がいると症状が出てしまうという人もいます。

このような症状があらわれるきっかけは様々です。
人から「喋り方がおかしい」と指摘されたことがきっかけになる場合もあれば、一度の失敗により「次も失敗したらどうしよう」という心配がきっかけになる場合もあります。

また一般的に病気と認識されていませんのでただの緊張しがちな人、恥ずかしがり屋さんと思われるだけで問題が表面化しない人もいます。

自分でも気づかないまま大人になり、会社の会議で発表する場面になって初めて気づくという人もいます。

あがり症・赤面症の治療・カウンセリング

あがり症や赤面症の治療には大きく分けて二つの方法があります。

一つは精神科の病院で行われる投薬治療です。
うつ病の治療にも用いられることの多いSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬を服用します。
SSRIは脳内のシナプスから放出された神経伝達物質が再び取り込まれてしまうことを防ぐことで効果が表れるとされています。
(シナプス間の神経伝達物質の伝達が少なくなることで精神に不安を来たすと考えられているためです)

一時的に不安を取り除くため即効性のあるベンゾジアゼピン系の抗不安薬を用いる場合もあります。

もう一つの治療方法として当カウンセリングルームでも行っている認知行動療法があります。
あがり症や赤面症の人というのは人前に出るときに「恥をかくかもしれない」という恐怖や不安を常に感じてしまいます。

しかしこれは間違えた捉え方です。自分の不安が不安を呼ぶことで無駄に緊張してしまい身体症状があらわれるのです。

このような間違えた捉え方(認知の歪み)をトレーニングによって修正するのが認知行動療法です。
自分自身の行動を振り返り、そのときの体の反応や感じたことを記録します。
そしてその感じ方が誤った認識によるものであるということを理解します。

これらの作業を繰り返すことで認知の歪みを修正することであがり症や赤面症の克服を行います。

あがり症や赤面症は放置しておくと他人と接することが面倒になり引き篭もりやうつ病の原因になってしまうこともあります。早めに治療を開始することが大切です。

東京のカウンセリングルーム『ibrain』
タイトルとURLをコピーしました