異業種交流会は無駄!人脈は仕事の中で作るもの

東京ではほぼ毎日どこかしらで異業種交流会が行われているそうです。

私の個人的な意見ですが異業種交流会に行っても無駄なので行くべきではないと思います。

異業種交流会に参加している人たちというのは仕事が欲しいと思っている人たちです。
あとは「ビジネスごっこ」がしてみたい意識高い系と言われる人たちです。
仕事を依頼したいと思っている人はほとんどいません。

自分が仕事を依頼するときに異業種交流会で会った人に頼むだろうか?と考えれば分かりますね。

異業種交流会の目的は人脈をつくることですが、そこで名刺交換をしたところで仕事に役立つ人脈は出来ません。
仕事のない人達同士で繋がったところで何も始まらないのです。
ゼロにゼロを掛けても永遠にゼロのままです。

人脈というのは作ろうと思って作るものではなく、仕事をして行く中で自然と出来ていくものです。
優秀な人間、もしくは優秀そうに見える人間の周りには自然と仕事が集まってきます。

私は優秀な人間ではありませんが優秀そうに見せるのだけは得意です。(心理学の仕事をしているのだから当然ですが)

なので経営コンサルティングをメインにしていない今でもコンサルティングの依頼はたくさん来ます。

私は人脈を増やそうと思ったことは一度もありません。
ビジネス上の知り合いというのは増えたら増えたで面倒なことが多くなります。

なので名刺も極力渡さないようにしています。というより数年前に在庫がなくなって以来作ってもいません。

個人的な連絡先の交換もしません。

それでも「お客さんを紹介したい」という話はよく来ます。
お世話になった人からの紹介であれば話くらいは聞くようにしています。

しかしカウンセリングの仕事に集中したいので「ぜひ仕事をやらせてください」という態度は取りません。
むしろ「コンサルティングを依頼しなくても自社で解決できる問題ですよ」という方向で話をします。
それでも依頼をしたいという人の方が多いのです。

なぜかというと私を紹介した人に対する信頼感があるからです。
「あの社長が紹介してくれたコンサルタントだから優秀な人なのだろう」という信頼感があるのです。
私の仕事ぶりを見ていないのに勝手に優秀だと判断してくれるのです。
こういうのが本当の人脈なのです。

異業種交流会に参加するということは「私は仕事の出来ない人間です」とアピールしているのと同じことです。
社内の違う部署の飲み会に参加したほうがよほど役立つ人脈が作れると思います。

起業を考えている人で情報が欲しいという人は自分の足で見つければ良いと思います。

異業種交流会に参加しているような繁盛していない人ではなく、街中の繁盛店の経営者に話を聞いてみることです。
頭を下げてお願いすれば快く教えてくれる人はたくさんいます。

それくらいの行動力がある人の方が起業は向いていると思います。

ソフトバンクの孫正義社長は高校生の頃にマクドナルドの藤田田社長に「どんなビジネスをやれば良いですか?」と聞いたそうです。

そして「これからはコンピューターだ」と言われてその道に進んだというエピソードもあります。

成功したければ成功している人に話を聞きましょう。

タイトルとURLをコピーしました