「離婚したいけどお金がない」なら今から経済的自立への準備をしよう

離婚したいけれどお金がないので出来ないという女性がいます。
こういった相談を受けたときに私はいつも「今から収入を作って自立の準備をしてください」と言います。
経済的な理由によって離婚を迷っている時間が勿体ないです。
1年もあればそれなりの収入を作ることは可能です。弁護士費用だって準備できます。
最近、独立する人の中にはサラリーマン時代に生活できる程度の副収入は作っておいたという人も多いです。
それと同じことを安定した生活基盤のあるうちにやるのです。
会社も家庭も利用できるときにするのです。

どのように収入をつくるか?

いまは個人でもお金を稼ぎやすい時代です。
家にいながらでもできることはたくさんあります。
例えばブログを書いてそこに広告を貼るという方法があります。
クリックされるだけでお金が入るものもあれば商品が売れることによって報酬を得られるアフィリエイトもあります。
もちろんブログを始めたからといってすぐに読まれるわけではありません。
しかし継続しているうちに少しずつ閲覧者が増えていき、寝ていてもお金を生み出してくれる自動販売機になります。
また検索にも引っかかるようになりますからどんなキーワードで検索されているのか分かり、より効果的な文章が書けるようになります。
一度良いサイクルが出来上がれば収入はどんどん増えていくのです。

定期収入をつくることのメリット

ブログでなくとも定期的な収入を持つことは大切です。
経済的に安定し生活の基盤ができるということは当然ですが精神的にも安定します。
冒頭で独立前のサラリーマンの話をしましたが、会社からの給料と同程度の副収入を得るとストレスを感じにくくなります。
「どうしても嫌なら辞めれば良いや」という気持ちになれますから嫌いな上司などはどうでもよくなるのです。
離婚したいと思っている人も同じことです。
お金の心配がなくなれば「いつでも別れられる」という余裕が芽生えます。
また離婚したい気持ちがどれくらいあるのか冷静に判断することもできます。
今別れてしまうと生活できないかもしれないという状況では正しく判断できません。

離婚後の予行演習になる

離婚を決意したときは「死に物狂いで働いてやる!」とモチベーションが高いかもしれません。
しかし実際に働き出すとその勢いはおさまるものです。
就職した職場に嫌な人がいてストレスが掛かることもあります。
こういった事態になったときにも定期的な収入を確保しておけばすぐに辞めることができます。
世の中お金が全てではありませんが人生の選択肢を増やしてくれるものではあります。
少なくとも余計な苦労をしなくて済むようにはなります。
それにブログでもなんでもどれくらい自分が続けられたかを知ることも大切です。
自分がビジネスに対するモチベーションを継続できるタイプかどうかを見極めることができるからです。
まったく続かないのであれば「旦那はムカつくけれど生活できるだけマシかな」という気持ちになることもあるかもしれません。
これは離婚して1人になったときの予行演習のようなものです。
別れてから後悔しては遅いのです。

本気で正しい方法を継続している人はほとんどいない

自分一人でインターネットなどを使って生活できるぐらいの収入を得られる人はどれくらいいるでしょうか?
おそらく100人中3人が4人ほどです。
少ないと思うかもしれませんが冷静に考えてみてください。
例えば司法試験のように受験する人のレベルが高いものであれば合格率の低さは難易度の指標となります。
しかしインターネットビジネスというのは無料で誰でも始めることのできるものです。
参入している人のレベルは決して高くありません。
仮に100人が参入しているとしてその人たちの中で本気でやっている人はどれぐらいいるでしょうか?
おそらく半分もいないでしょう。
その中で正しい方法でやっている人はどれだけいるでしょうか?
これもかなり少ないです。
では本気で正しい方法でやっている人の中で継続できる人となったらどうでしょう?
おそらく10人もいません。
つまり本気で正しいやり方で継続することさえできればそれなりの確率で生活するぐらいの収入を得ることができるということです。
ほとんどの人が「お金のなる木」を育てる前に諦めてしまうのでチャンスなのです。

やってはいけないこと

早速、自分でブログでも書いてみようと思うかもしれません。
その時注意しなければならないことがあります。
まずセミナーや情報商材などを買ってはいけません。
お金を稼ぐための方法というのは全て無料でネット上に転がっています。
図書館で関連する本を借りても良いのです。図書館はお金儲けのネタ探しにも有効なのでぜひ行ってください。
ブログを作る前にそういった情報を全て読んでおけばある程度の勘所をつかむことができますしちゃんと成果を出すこともできます。
また「それなりの貯金があるからもういいや」と言ってとりあえず離婚してしまうのも危険です。
どうしても我慢できない場合やDVなどの緊急性の高い場合はそれでも構いませんがイライラしているとか顔も見たくないとかそんなレベルであれば準備をしてから離婚した方が良いでしょう。
なぜなら貯金があったとしてもほんの数万円ずつでも減っていくとかなりのストレスになるからです。

行動を起こすだけでも気持ちが前向きになれる

文章を書くのが苦手という人も続けているうちに短時間で書けるようになります。
ちなみにこの記事を書くのにかかった時間は「離婚したいけどお金がないという人のための内容にしよう」と思いついてから30分ほどです。
文字数は約2500ですから原稿用紙6枚とちょっとです。
何年前か忘れましたが初めてこういった文章を書き始めた頃は1日かかっていました。
自分なりのやり方をみつければ執筆時間はどんどん短縮されます。誰にでもできることです。
まずは始めの一歩を踏み出すことが大切です。
行動を起こすだけでも前に進んでいるという気持ちになれますから不安は減っていきます。

タイトルとURLをコピーしました