面白い女性がモテない理由は痛いからです

飲み会や合コンでお笑い芸人のように振舞う女性がいますね。

一発ギャグをやったりツッコミを入れたりとにかく笑いを取ることに必死です。

もしあなたがそのように振舞うことでモテるとか盛り上がると考えているのなら勘違いなのでやめた方が良いです。

男性からは「自分のことを面白いと勘違いしている自己顕示欲が強めの痛い女性」としか見られません。

本当にその場を盛り上げようとしているのかもしれませんし、可愛さで勝負できないので笑いに走っているのかもしれません。

しかしそれが良い結果をもたらすことはほとんどありません。

特にバラエティ番組のMCのようにその場を仕切るのは最悪です。

プロのお笑い芸人ですら上手に仕切れる人は少ないのです。

素人がやっても微妙な空気になってしまうだけです。

特に女性の場合は面白くその場を仕切るのが難しいのです。

女性芸人でゴールデンに冠番組を持ったのは山田邦子さんだけと言われています。

女性が面白い人というポジションを確立することがどれだけ難しいのか分かると思います。

これは女性に笑いのセンスがないからではありません。

世間が女性に対して面白いというイメージを持っていないことが原因です。

そのため女性がギャグをやったりすると無理してるんじゃないかなと思って心から笑えないのです。

あなたが女性芸人と同じくらいに振り切れる自信がない限り笑いを取りに走るのは控えたほうが良いでしょう。

どんなに自分の笑いのセンスをアピールしたくてもそこは気の利いた会話くらいに抑えておきましょう。

そういう女性が好きという男性は一定数存在します。

「面白い男性が好き」という女性は多いですが、「面白い女性が好き」という男性は少ないということは各種のアンケートでも明らかにされています。

ウケを狙いすぎて痛い人に認定されないように気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました