HSPは遺伝なのか?(双子の研究より)

HSPは遺伝なのか?(双子の研究より)
 

HSPは遺伝的なものなのでしょうか?それとも環境によるものなのでしょうか?

おそらく両方が関係しています。

同じ遺伝子を持つ一卵性双生児であっても感受性は異なります。
2020年の研究では感受性の強さの約半分は遺伝によるものという結果が出ています。

双子の環境感受性と遺伝の関係

ロンドン大学クイーン・メアリー校の研究者が思春期の2,868組の双子を対象に環境感受性(Environmental Sensitivity)と遺伝の関係について調べました。
環境感受性とは周囲の環境の情報を知覚・処理する際の特性のことです。この環境感受性が高い人がHSPです。

この研究では環境感受性の測定にHSPの提唱者として知られるエレイン・アーロン博士たちが作成したHSC(Highly Sensitive Child)尺度を用いました。
HSC尺度は児童期や思春期の子供の感受性を測定できる12項目からなる質問票です。

質問内容には「小さな環境の変化に気づく」「監視されているとパフォーマンスが落ちる」「暴力的なテレビは見ない」などが含まれています。
これらの質問にどれくらい当てはまるかを7段階で回答します。

そして一卵性双生児と二卵性双生児の相関の度合いを比べることにより遺伝の影響がどの程度あるのかを分析しました。

その結果、環境感受性は47%が遺伝による影響を受け、53%が環境による影響を受けるというデータが出ました。

またこの研究では性格傾向のテスト(簡易版BIG5)も行っていますが、それによると感受性の高さと神経症傾向、内向性には中程度の相関があるという結果が出ています。

環境の与える影響は半分以上

上記の研究では感受性の半分は環境の影響を受けることが分かりました。

実は環境というのは遺伝の影響による部分にも変化をもたらす可能性があります。

遺伝子情報が細胞の機能に変換されることを「発現」といいます。
分かりやすくいうと遺伝子のスイッチが入るということです。

一卵性双生児が同じ遺伝子を持っていてもスイッチが入らなければ異なる特徴を持つことになるのです。

このスイッチを制御するシステムをエピジェネティクスといいます。
エピジェネティクスは食事や大気汚染などによって変化します。

つまりあなたが生まれつきのHSPだったとしても環境から受けている影響はかなり大きいということです。

※今回の研究は思春期の子供(平均年齢17歳)を対象にしています。そのため思春期特有の恥ずかしさなどが感受性を測定するための質問の回答に影響した可能性があります。そのため今後、大人を対象とした調査を行うと異なる数値が出る可能性もあります。

参考にした論文:Genetic architecture of Environmental Sensitivity reflects multiple heritable components: a twin study with adolescents.