ミラー・ニューロンと他人の感情

HSPの人が他人の感情を読むのが得意なのはミラー・ニューロンの働きが関係しているからではないかと考えられています。


(※ミラー・ニューロンが発見されたのは1990年代でありまだその解釈は定まっておらず批判的な意見もあります⇒ミラーニューロンが共感に関連しているという証拠は少ない

ミラー・ニューロンとはイタリアの神経生理学者であるGiacomo Rizzolattiがサルの実験をしているときに発見した神経細胞です。

人間はミラー・ニューロンによって他人の行為をあたかも自分が行ったかのように感じる取ることが出来ると言われています。
(このように他人の行為を自分の脳内に映し出している現象が鏡のようであることから「ミラー」とついています)

サルの実験

サルが手や顔を動かすときには脳の特定の部位(運動前野のF5野)の神経細胞が関係しているということが分かっています。

この脳の部位がサルが自分の手でエサを掴もうとするときだけではなく、近くにいる人間がエサを掴むのを見たときにも活動するということがGiacomo Rizzolattiの実験で示されました。
(といっても本当は別のことを実験している中で偶然分かったのですが…)

この現象は「見る」という行為以外でも起こることが分かっています。(そもそも視覚特性に反応するものではない)
既に見たことのある行為であれば途中経過を隠しても反応しますし、音を聞くことで反応することもあります。

つまりミラー・ニューロンは行為の意味まで処理していると考えられます。
ミラー・ニューロンは運動前野以外の部分でも見つかっています。

人間の場合

ミラー・ニューロンは人間の脳にも存在しているということが複数の実験によって示されています。
他人の手の動きを見せると手の動きと関係する脳の部位が活動的になるという実験結果もあります。

そしてこのミラー・ニューロンの働きが他者の気持ちへの共感にも関係しているのではないかとということがパルマ大学のVittorio Gallese教授の研究などによって示唆されています。

ミラー・ニューロンシステムを形成する部位が損傷を受けることで他者の表情を見たときの感情の認識に障害が起こるという報告もあります。

自閉症スペクトラムの人の特徴の一つに表情を通したコミュニケーションの問題があります。
自閉症スペクトラムの人の脳をfMRI(機能的磁気共鳴画像法)で調べるとミラー・ニューロンがあると言われる下前頭回の活動が低いということが分かっています。

このことから表情を通したコミュニケーションの問題が起こる原因の一つにミラー・ニューロンの活動不全が起因する可能性は高いと言えます。

ミラー・ニューロンの活動が低いため表情コミュニケーションの問題が起こるのであれば、相手の表情から感情を読み取りすぎてしまうHSPの人はミラー・ニューロンの活動が高いのではないかと考えることも出来ます。

HSPとミラー・ニューロン

Elaine.N.Aron博士が科学雑誌に発表した研究結果にはHSPの人のミラー・ニューロン・システムを形成する部位の働きはHSPでない人と比べて活発であるということが示されています。

博士は被験者に、嬉しそうな顔をしている人の写真と悲しそうな顔をしている人の写真を見せてfMRIで調べました。
その結果、HSPの人はそうでない人に比べてミラー・ニューロン・システムを形成する部位を含む共感を司る部位の反応が活発だったという結果が出ました。
最も反応したのは配偶者が笑っている写真を見たときです。

この実験で注目するべきことはHSPの人は他人の悪い感情だけではなく良い感情も敏感に読み取り共感するということです。

HSPの人は他人の感情の影響を受けやすいということのネガティブな面にばかり注目しがちですが、良い部分にも注目してもっと自信を持つべきです。
HSPは他人の喜びを自分のことのように喜べる人ということなのですから。
これは人間として大変素晴らしいことではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました