HSPと勘違いするトラウマを抱えた人

HSPと勘違いするトラウマを抱えた人
 

他人の表情や言動に敏感すぎるのはHSPの人だけではありません。

トラウマ(心の傷)を持つ人が防御対策として空気を読みすぎるということもあるのです。
そしてトラウマによる敏感さを抱えた人は自分がHSPであると勘違いすることもあります。

HSPの特徴とトラウマ反応は重なる部分もありますが対処方法は異なりますので気をつけなければなりません。

トラウマ体験によって他人に敏感になる

幼少期の環境や心に大きな傷を残す出来事を体験することによって他人の顔色を敏感に察知するクセがついてしまうことがあります。
暴力を振るったりヒステリックに怒鳴りつける親に育てられることで常に親の顔色を伺っていた人は大人になってからもそのクセが抜けなくなり人間関係に困難を抱えた愛着障害となることもあります。

このようなトラウマを持つ人は職場の同僚や友人、街ですれ違っただけの人の表情の変化に敏感になります。
これは相手が自分に攻撃したときにすぐに防御体勢に入るため無意識に行ってしまう行為です。

自分をHSPに当てはめる

HSPの敏感さは生まれつきの気質と育った環境の両方の影響を受けている可能性が高いです。
それに対しトラウマ反応に遺伝的要素はありません。心に傷を負った体験から常に空気を読んで逃げたり、機嫌を取らなければ痛い目に遭わされることを学習した結果の反応です。

しかし過去の何らかのトラウマが今の敏感さを形作っている人はHSPのことを知ると自分もそうであると勘違いすることがあります。

小学校時代に友達と喧嘩して泣いてしまった体験や思春期特有の悩みを全て「敏感に反応していた」と捉え直してしまうのです。

HSPの特徴というのは傷ついているときに見ると全て自分に当てはまるように感じてしまいます。

そして人間には「確証バイアス」といって自分が一度こうだと思い込むとそれを証明してくれる情報ばかり注目する特徴があります。
自分がHSPだと思い込んだ人はそれに当てはまる情報ばかり注目してしまうのです。そして当てはまりそうな情報は当てはまるように歪めます。

トラウマとHSPの対処法は異なる

トラウマによって他人に敏感になってしまうのは自尊感情の低さや傷つけられるかもしれないという過度の不安が原因です。
物事の捉え方がマイナス方向に歪んでいるのです。これはHSPによる敏感さとは異なります。

トラウマによる敏感さはHSPとは異なったアプローチが必要なのです。トラウマによる敏感さは原因を知り低くなった自尊感情を元に戻す必要があります。

カウンセリングをしているとトラウマによる敏感さをHSPだと勘違いしている相談者は少なくありません。

HSPだと認めることで「生まれつきなんだから仕方ない」という安心感を求めていないかもう一度自分を見つめ直してください。

※もちろんトラウマにより遺伝子情報が細胞の機能に変換されHSPの傾向を高めることがあってもおかしくはありませんが、現時点でそれを証明するエビデンスは存在しません。