太陽光が苦手でなくてもサングラスで紫外線をカットすると疲れにくくなる

HSPの人は光が眩しすぎたり、他者と視線が合うことが怖いという特性を持つ人もいます。
このようなタイプの人はサングラスを着用すると良いと言われています。

またこれらの特性のないHSPの人でもサングラスによって疲れやすさを抑えることが出来るかもしれません。

なぜなら目に入る紫外線を減らすことで肉体的な疲労を溜まりにくくすることが出来るからです。

サングラスの疲労防止効果

全身に日焼け止めを塗っても目に紫外線が入ってしまったら肌が変色するということを聞いたことのある人もいるかもしれません。

これは目で紫外線を受けることによってその情報が脳に伝わりメラニン細胞刺激ホルモンを出せという命令が出されるからです。
そして肌で色素の元となるメラニンが生成され黒くなるのです。

自律神経も高ぶっている

実はこのとき日焼け以外の反応も起こっています。
紫外線を浴びて目の角膜に炎症が起こるとその情報も脳に送られます。

すると「危険な状態だ気をつけろ」という命令が出され、警戒するために自律神経が高ぶります。
この状態になっても自分では気がつきませんが体はとても疲れます。
常に戦闘態勢(スイッチオンの状態)ですから消耗が激しいのです。

⇒ HSPと自律神経の関係

HSPの人が紫外線をカットすることの効用

日光に当たると疲れるというのもこういった原因が考えられます。
外でボーっと立っているだけでも疲労してしまった経験をしたことのある人もいるのではないでしょうか。

相談に来る人の話しを聞いていてもHSPはこの傾向が顕著なのではないかと思います。

サングラスによって肉体疲労も軽減?

HSPの人の中には目を見られないようにするためとか境界をつくるためにサングラスを掛ける人もいます。
それによって肉体的にも疲れなくなったという人もいます。もしかしたら紫外線をカットしたことによる効果もあるのかもしれません。

⇒ 会話中に目が合うのが苦手な人が知っておくべき視線の錯覚

目に見えないから紫外線

目に見える光で最も波長が短いのは紫です。
それよりも短くて見えない(紫の外にある)光なので紫外線と言います。
目には見えませんが紫外線は1年中ふり注いでいます。
秋や冬でも気をつけましょう。HSPの疲れやすさの原因が紫外線にあるかもしれません。

どんなサングラスを選ぶべきか

どのようなサングラスを着用すれば良いかというと紫外線をしっかりとカットしてくれるものです。

サングラスの性能の表記は「紫外線透過率」と「可視光線透過率」の2つがあります。

紫外線透過率

紫外線透過率はその名の通り紫外線をどれだけ通すかというものです。
「1%未満」など数値が低いもののほうが良いです。
「紫外線カット率」と表記していることもありますがこの場合は「99%以上のように」数値が大きい方が良いです。

可視光線透過率

「可視光線透過率」は目に見える光をどれだけ通すかというものです。
この数値が低くなるほどレンズの色は濃くなります。

色の濃いレンズは逆効果になる

注意しなければならないことはレンズの色が濃いのに紫外線を通してしまうサングラスを着用するときです。

目の瞳孔は暗いところではより多くの光を取り入れようと大きく開きます。
カメラのレンズと同じような働きをするのです。

つまり色の濃いサングラスでは光が入って来ないため瞳孔が開きます。
そこに紫外線を受けると通常よりも多くの量が入ってしまうのです。

仮に紫外線を100%カットしてくれるレンズだったとしても隙間から入り込む可能性もあります。
ですから色の濃すぎるサングラスは気をつけなければいけません。

現在サングラスを着用しているけれど効果がないという人はレンズの色と性能を見直して見ると良いかもしれません。

紫外線をカットする機能はレンズの摩擦などによって落ちてしまうことがありますからそこも注意してください。

(余談ですが恋愛のアドバイスで「暗い店でデートしろ」と言われるのはこの効果によって黒目が大きくなり可愛く見えるからです)

バランスが大事

サングラスの良いところは紫外線をカットして疲労を減らしてくれることだけではありません。
心理的なバリアとしての機能も発揮してくれることです。レンズが1枚あるだけで他者との境界になるのです。

「ナルシストみたいで嫌だ」という人は透明でも100%カットしてくれるものが数千円で売っていますからそちらを使ってみてはいかがでしょうか?

もともと目には紫外線に対処する機能が備わっていますから少しでも直射日光を浴びたらダメということではありません。

太陽光は人間の体内時計を調節してくれますから浴びなすぎも問題です。バランスを考えて光と付き合っていきましょう。

ご注意

最近、記事を盗用されることが多いです。
IT系の仕事もしているので内容が同じなら文章が異なっていてもシステムにアラートが来てすぐに分かるのです。

盗むのはカウンセラーやブロガー、まとめサイトです。
その人たちの文章を読むと完全に間違った知識で心の問題を扱っていることが多いです。

経験も少なく論文も専門書も読まないため知識がなくて盗むしかないのでしょうが……
HSPの人がそういうところに相談に行くと余計に悪化してしまいますから気をつけてください。

今回の記事はHSPに関してのものとしてはどこにも上がっていない内容です。(※元となる現象については以前から解明されている内容です)
なのでどこかでこの記事と似た内容を書いているカウンセラーがいたらそこには絶対に行ってはいけません。改善できるものも出来なくなります。

タイトルとURLをコピーしました