告白されると意識してしまい自分も好きになる

「好きです。付き合ってください」と告白されると好きではない相手でも恋愛対象に思えてしまうという経験をしたことのある人もいると思います。

また直接告白されていなくても第三者を通して「○○君があなたのこと好きらしいよ」と聞くと嬉しいと思うのと同時に意識してしまうものです。

誰かに「好き」と言われると自分も好きになってしまう現象は心理学の実験でも明らかにされています。

心理学者のデニス・リーガンは次のような実験を行いました。

まず美術作品の批評をしてもらうという名目で被験者を呼び出します。
そこに仕掛人を同席させます。1つのグループでは仕掛人が途中で席を外して二人分のジュースを買ってきて1つを被験者にあげます。
別のグループの被験者にはジュースをあげません。

実験の最後に仕掛人が被験者に「何枚でも良いのでクジを買ってくれませんか?」と依頼します。(クジの代金はジュースよりも高いものです)

するとジュースをもらった被験者はもらっていない被験者の2倍の枚数のクジを買ってくれたのです。
この実験からも分かるように人間は誰かに恩を受けるとお返しをしたくなる性質を持っているのです。

恩を受けたままでいると心地悪さを感じるともいえます。
これを心理学では「返報性の原理」と呼びます。

この原理を上手く利用しているのがスーパーの試食コーナーです。
たった一切れでも食べ物をもらうと恩を感じてしまいそのまま立ち去ることに罪悪感を抱き欲しくなかった商品でも買ってしまうことがあります。

仮にその商品を買わなかったとしてもスーパーに対する恩を感じるので知らないうちにいつもより多く買物してしまうこともあります。

返報性は物ではなく気持ちを受け取ったときにも働きます。
二人の人間に会話をしてもらい相手に対する印象を評価するという実験があります。

このとき事前に「相手はあなたのことを好ましく思っています」と伝えられると相手に対する評価は良いものになります。

反対に「相手はあなたに対して悪い印象を持っています」と伝えられると相手に対する評価は悪いものになります。

好意には好意を返したくなる心理を「好意の返報性」と言います。

好意の返報性を上手に利用することで好きな人に自分を意識させることができます。
「好きです」と告白をしなくても好意が伝われば良いのです。
いつも笑顔で話しかけたり親切にするだけでも好意は伝わります。

相手が鈍感な場合はその友達に「○○君てカッコイイよね」と言えばやがては本人の耳に入ります。
第三者を通して好意が伝わるほうが効果的な場合もあります。

ただし注意しなければならないのは好意の返報性は相手に嫌われている場合には効果を発揮しないということです。
あなたの好きな人があなたのことを嫌っている場合はどんなに好意を伝えても意識してもらえることはないでしょう。
それどころか余計に嫌われてしまうこともあります。

まずは好きな人が自分に対してどのような感情を持っているのかを確かめることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました