1. TOP
  2. 相談内容
  3. アダルトチルドレンの心理カウンセリング・相談|東京『ibrain』

アダルトチルドレンの心理カウンセリング・相談|東京『ibrain』

東京ibrainではアダルトチルドレンのカウンセリングを行っています。

次のような生きづらさを感じている人はご相談ください。

  • 自分に自信が持てず価値のない人間のように思えることがある
  • 家族、恋人、友人にいつか見捨てられるのではないかという不安がある
  • 常に不幸であると感じ未来に希望がもてない
  • 恋人や友人に依存しがちである。また依存する人を引き付けやすい
  • 自分の見た目、性格、能力に劣等感がある
  • 感情が抑えられずに周囲に当たってしまう。時に暴力を振るう

アダルトチルドレンの生きづらさ

アダルトチルドレンとは子供の頃に虐待、育児放棄、過度の束縛などを受けたことが心の傷となって大人になった今も生きづらさを感じている人のことです。

もともとはアルコール中毒の親に育てられて大人になった人を指す言葉でした。(英語ではACOA=アダルトチャイルド・オブ・アルコホリックス)

しかし現在は機能不全の家庭で育ち生きづらさを感じている人の総称として使われています。(ACOD=アダルトチャイルド・オブ・ディスファンクショナルファミリー)

機能不全の家庭では自分の感情を表現することが許されなかったり、親が子供を裏切るような行動をします。

そのような家庭で育った子供は大人になってからも感情のコントロールが上手く出来なかったり、人を信用することが出来ずに社会への適応が困難になってしまいます。

アダルトチルドレンのタイプ

機能不全の家庭で育てられる子供は自分を守るために役割的特徴を身につけるようになります。

それらの役割はつぎのように分類できます。これらが全てではありませんが自分の過去を振り返る参考になると思います。

ファミリーヒーロー(家族の英雄)

勉強やスポーツで好成績を残し続けることで家族を安心させようとします。

社会に出たあとに大きな成功を収めることもありますが自分の価値観を他人に押し付ける傾向もあります。

ピエロ(道化師)

おどけてみせることで家族の緊張をほぐそうとします。

一見社交的で人に好かれやすいのですが心のどこかに壁を作っていることが多いです。

自己評価は低く。ストレスを溜めやすい傾向にあります。

世話役

家族の仲を取り持ったり、家族をなだめたりします。

他の兄弟の世話をしたりと本来は親が果たすべき役割を演じます。

自分の欲求を持つことに罪悪感を感じたり、依存傾向にある相手につけ込まれることがあります。

犠牲者(スケープゴート)

家族の問題を自身の内側に溜め込んだ結果として問題行動に起こしてしまいます。

家庭内暴力や引きこもり、自傷行為に走ることがあります。

ロストワン(いなくなった子供)

家族を刺激しないように自分の存在を目だ立たなくします。

表面上は良い子ですがかなりのストレスを抱えることになります。

大人になってからも人の顔色ばかり伺って行動する傾向があります。

アダルトチルドレンのカウンセリングの第一歩

カウンセリングの第一歩はまず自分がどのようなアダルトチルドレンかということを認めることです。

機能不全の家庭といってもそのタイプは様々です。

親がアルコール中毒で責任を果たさないという分かりやすいものもあれば、子供を溺愛しすぎることで過度なプレッシャーを与えているという分かり難いものもあります。

機能不全のタイプによってアダルトチルドレンに表れる傾向も異なります。

アダルトチルドレンのカウンセリングでは自分の過去と向き合い子供の頃の体験が今の生きにくさにどのようにつながっているのかを明確にします。

アダルトチルドレンの原因は親

アダルトチルドレンの親もアダルトチルドレンであるケースは多いです。

機能不全の家庭で育った人が作る家庭が機能不全になりやすいのは自然な流れなのかもしれません。

アダルトチルドレン同士で結婚することも少なくありませんので連鎖する環境は作られやすいのです。

誰でも自分の親が完璧でないことは分かっています。

しかし自分の生きづらさの原因が親にあることはなかなか認め難いものです。

自分のルーツを否定するような気持になりますし、表面上は機能不全の家庭に見えないこともありますから当然です。

しかしアダルトチルドレンの原因は親にあるのです。

90%正しい親でも残りの10%にアダルトチルドレンの原因となってしまう行動が含まれている可能性もあります。

アダルトチルドレンを治すためには原因が親にあるということを認めなければなりません。

そしてこの連鎖をあなたのところで断ち切るのです。

サイトマップ