1. TOP
  2. 相談内容
  3. 共依存症の心理カウンセリング・相談|東京『ibrain』

共依存症の心理カウンセリング・相談|東京『ibrain』

ibrainでは共依存症のカウンセリングを行っています。

共依存症とは自分より他人を優先させてしまう状態のことです。

依存症、精神疾患、DVなどのパートナーの面倒を見ることで自分が犠牲になっていることに気づかず、それが当たり前のことになっています。

相手から求められたり感謝されることによって自分の存在価値を認識しているとも言えます。

この状態を放っておくと心身ともにボロボロになってしまいかねません。

以下の特徴に当てはまる人は共依存症の可能性があります。

  • 自分に自信がなく常に人から求められていないと不安になる
  • パートナーと喧嘩したり暴力を振るわれた時に自分が悪いと思う
  • 相手の顔が見えるボランティアには参加するが、近所のゴミ拾いなどには参加しない
  • 身近な人が病気になると一生懸命に看病するが治ると物足りなさを感じることがある
  • 頼まれてもいないのにアドバイスをしてそれが受け入れられないと不快になる
  • 暴力や借金、浮気などを繰り返す異性とばかり付き合う。そして別れられない
  • 身近な人が落ち込むと自分まで落ち込んだような気がする
  • 断わることが苦手。断わると嫌われるのではないかと不安になる

共依存症のカウンセリングでは自分のタイプと原因を見極め、相手と最適な距離で接するための思考を身につけます。

サイトマップ