30歳を過ぎて結婚と出産の話をしない男とは別れるべき

30歳くらいになると結婚や出産について悩む女性は多いです。
友達も結婚してる人の方が多くなってくる年代ですし親からのプレッシャーがキツいという人もいます。
彼氏が結婚に対して曖昧な態度だと余計に不安になります。

「別れたほうがいいかな?」という悩みを抱えている人も多いです。
そういうときに私はいつも「別れた方が良いと思います」と答えます。

なぜならその彼氏があなたのことを大切にしてくれる可能性は低いからです。

30歳前後の女性と付き合っているときに結婚や出産について曖昧な態度を取る男性は基本的に自分のことしか考えていません。

女性の出産できる可能性は20代前半をピークに年々下がり続け35歳を過ぎたあたりから急激に落ちはじめます。

体外受精や顕微授精といった不妊治療の技術が進歩しているので40代で出産することも可能です。
しかし無駄な費用とストレスがかかりますし、妊娠できない可能性の方が高いです。

出産するかしないかということは女性の人生を左右する大きな選択です。
ある程度の年齢になったら付き合っている女性がどのような将来設計を描いているのか確認しないというのは人生を奪っているのと同じことです。

「私の彼氏はそういうことに疎いから出産のタイムリミットなんて知らないから仕方ないの…」という人がいますがこれも危険です。
少子高齢化は日本が抱える重要な社会問題の一つです。自分で調べようとしなくてもニュースを見ていれば出産に関する情報は勝手に入ってきます。

もし知らないとすれば情報収集能力が著しく低いということです。そんな相手に自分の人生を預けてはいけません。

あなたが結婚願望も出産願望もないということを相手に伝えているのなら問題はありません。
しかしそうでないならお互いにきちんと確認しておくべきです。

期間を設定しいつまでに結婚するつもりなのか、もしくは結婚するつもりはないのかということをハッキリさせなければなりません。

「仕事で一人前になるまで待って欲しい」とか「夢が叶うまで待って欲しい」というのは一番最悪なパターンです。
待っている間にも出産できる可能性は減っていきますし、あなたの結婚市場での価値も下がり続けます。

そして別れた後に「貴重な時間を無駄にした」と後悔します。
私のところに相談に来る女性もこのパターンで後悔している人が非常に多いです。

しかも「なぜあんなに好きだったか分からない」と言います。
これは当然といえば当然です。結婚の確約をしてくれている相手は自分にとっては既に手に入ったものです。
曖昧な態度でいる相手はまだ手に入っていないものなので興味が失せにくいのです。
だから実際以上に魅力的に見えてしまいます。でも本当は大した相手ではないのでさっさと別れた方が自分のためです。

それでも別れたら寂しいと思うのなら同時進行で他も探すことです。
二股をかける必要はありません。気軽に相談できる異性の友達をたくさん作っておくことです。
彼氏と別れたときにその友達と付き合うことになるかもしれませんし、他の男友達を紹介してくれることもあります。

たとえ友人としてでも他の男性を見ることで自分の彼氏が大した男ではなかったということに気がつくことはよくあります。

選択肢は多いほうが相手を冷静に判断することができます。

結婚はいつでも出来ますが出産にはタイムリミットがあるのです。
人生の無駄遣いだけは絶対にしてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました