心理カウンセラーのブログ

カウンセラーに否定されたり傷つけられたら洗脳を疑いましょう

カウンセラーが相談者を否定したり傷つけたりするのには理由があります。一つは洗脳してお金を落とさせようとしているからです。心が不安定なときは簡単に心理操作できますから一度否定することで自分に依存させやすい状態にするのです。また実力や知識のないカウンセラーの場合は相談者から突っ込まれないようにするため高圧的な態度でカウンセリングを行う人もいます。どちらにせよ意味はないので早めに中断することをおすすめします。
心理カウンセラーのブログ

自己肯定感は低いのにプライドが高いのはなぜか?

自己肯定感が低いのにプライドは高いという人がいます。これは人間の心に備わったバランスを取ろうとする機能を考えれば不思議なことではありません。この機能を心理学では「防衛機制」と言います。受け入れがたい事実や思考を意識すると心が壊れてしまうため、否認したり反対の行動を取ることによって対処しているのです。しかし自己肯定感とプライドが反比例したまま年を取ってしまうと絶望してしまうことがあります。
ストレスと不安の対処法

思い込みが激しいのは病気か?認知の歪みか?

相手の何気ない言動を大袈裟に捉えて「自分は嫌われている」と被害妄想を持つ人がいます。さらに深刻なパターンでは周りの人が自分を陥れようとしているとか攻撃してくると不安になることもあります。このような思い込みが激しい人には心の病気や認知の歪みが生じているのかもしれません。
心理カウンセラーのブログ

「死ぬときに後悔すること」よりも恐ろしいこと

医師や看護師など臨終の間際に深く関わる職業の人たちがその経験から「死ぬ前に後悔すること」について書いたりしています。共通している内容は大切な人との関わり方や人生のチャレンジに対するものです。多くの人がやらなかったことを後悔しているのです。しかし死ぬときに後悔すること以上に恐ろしいことがあります。
仕事の悩み相談

ストライサンド効果:隠そうとすればするほど逆効果になる

秘密やミスは隠そうとすればするほどに余計に目立ってしまいます。このように隠そうとするほどに逆効果になる現象を「ストライサンド効果」と呼びます。人間には禁止されるほどにそれをやってみたくなるという心理的リアクタンスがありますからこのような現象が起こるのです。
仕事の悩み相談

短時間で結論を出す会議でも無駄になることがある

仕事をした気になるだけの無駄な会議はいまでも多くの会社で行われています。それを防ぐために「必ず結論をだそう」と決め付けても危険です。合意形成しようという全員の空気が必要な情報を見落としリスクの高い決断につながることがあるからです。
ストレスと不安の対処法

白黒思考(二極思考):良いか悪いかだけの極端な考え方

白黒思考とは物事を「良い・悪い」「成功・失敗」というように両極端に決め付けて考えてしまうことです。二極思考や全か無かの思考と呼ばれることもあります。認知の歪みの一つとされており恋愛や仕事において悪影響を及ぼします。簡単なチェック方法としては自分の口癖を振り返るというものがあります。「いつも」「常に」といった言葉が多い人は白黒思考を持っているかもしれません。
仕事の悩み相談

「値引きして」と言わずに「値上げして」と言うと得をする

買い物をするときにあなたは数百円の商品でも「値下げして」というタイプでしょうか?そうだとしたら今度からは「値上げして」と言いましょう。そのほうがトータルでは得をするのです。これは企業同士のやり取りでも同じです。見積を出させる度に「値引きして」という会社が最も高い金額を支払わされているのです。
心理カウンセラーのブログ

前向きな言葉を使う人は仕事も恋愛もうまくいく心理学的な理由

前向きな言葉を使う人は仕事も恋愛も上手くいくものです。なぜならいつも使う言葉が自分の心の底に感情を堆積させるからです。それが思考や行動、顔の表情にまで影響を与えますから人生が変わるのです。前向きな言葉を使うということは誰にでも無料で出来る投資なのです。
心理カウンセラーのブログ

噂が判断に及ぼす怖い効果

噂の怖い効果はその信憑性に関係なく人の判断に影響を与えてしまうということです。またその噂が嘘だったとしても時間が経つにつれて真実として信じられてしまうこともあります。悪い噂を放っておくと自分が損をしてしまうかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました