「値引きして」と言わずに「値上げして」と言うと得をする

買物するときにあなたは安い物でも「値引きして」と言う人ですか?
もしそうなら次回からは「値上げして」と言いましょう。その方がトータルでは得をします。

9,500円の商品に10,000円支払う

例えば9,500円の商品があったとします。
「9,000円に値引きしてもらえますか?」と言う人がいます。

中には店員さんに散々説明させた挙句にその場で型番を控えてネット通販で買う人もいるかもしれません。
もちろん店員さんはそのことに気づいています。仕方ないと諦めている人もいるでしょうが、決して良い気分ではありません。

それに毎回そのような買物の仕方をしている人は得をしているようで実は損をしているのです。
ほんの少し財布にゆとりが出来るかもしれませんが、心は貧乏になります。皆が不幸になります。

9,500円の商品があったら「10,000円払うので何かオマケしてください」と言いましょう。
そうすると1,000円以上の商品を選ばせてくれます。

結果的には2つの商品を値下げしてもらっているのと同じことなのですがお互いの気持ちは異なります。

実際に私はこの方法でパソコンの周辺アクセサリーなど細々した製品を手に入れることがあります。
毎回だと鬱陶しがられるのでたまにしか言いませんが…。

目に見えないものに価値を見出せない人は成功しない

確かに「負けて」と言えば値下げしてもらえるでしょうし、ネットで買ったほうが安いこともあります。
値段が大きく違うのならそれでも良いでしょう。

しかし店員さんに丁寧に対応してもらったときは数百円レベルの値下げ要求をするべきではないのです。
値段の中には店員さんのサービスも含まれているのです。

「負けて」というのは「あなたのサービスレベルは値段以下の価値しかない」と言っているのと同じことなのです。皆が嫌な気分になります。

「あなたが一生懸命サービスしてくれたので『値引きしろ』なんて言えません。でもオマケしてもらえると嬉しいです」と言ったほうが皆が幸せになれます。

だったら全ての商品を値下げしてもらうのが最も得だと思う人もいるでしょう。
そういう生き方をしたい人はそれでも良いと思います。

しかしそういうタイプが成功者になれる確率は非常に低いと思います。
なぜなら情報という大切な資産を手に入れることが出来ないからです。

見積に毎回「値引きしろ」という会社が一番高い金を払わされている

最近は人気の商品は並んだり抽選に当たらなければ買うことが出来ないことがよくあります。
しかしどんなに人気の商品でも並ばずに定価で買える一般人もいます。なぜなら店員さんが特別に売ってくれるからです。

どうせ売るのなら気持ちよく買ってくれる人に売りたいと思うのが人情です。
これはお店での個人的な買物に限った話しではありません。

仕事の発注でも同じです。見積を出すたびに毎回値下げを要求していると相手はその分を見越した金額を提示するようになります。
そして負けてもらったとしても他の得意先よりも高い金額を支払うハメになることがよくあります。

私はカウンセラー以外に経営コンサルティングも行っていますのでこういうケースをよく見ます。
また常に値下げを要求していると繁忙期に後回しにされるので仕事自体が立ち行かなくなります。

長年儲かっている会社の経営者は「客を選ぶことの大切さ」をよく理解しています。
同じ労力なら金払いの良い得意先と仕事をしたほうが従業員の貴重な時間を消費せずに済むと知っているからです。

それだけでなく気持ちよく仕事できるかどうかも重視しています。
ビジネスの世界は思っている以上に感情で動いています。
好き嫌いで判断した後で論理的に見える理由を付けていることが多いのです。

車のように値段が数万円単位で変わるのであれば仕方ないですが、数百円程度で「負けて」というのはおすすめしません。
あなたの潜在意識に「私は安い物しか買えない人間」と刷り込まれてしまいます。

心が貧乏だとやがて本当の貧乏になってしまいます。
私は家電量販店でいくら負けさせたかを自慢する人で成功した人を知りません。

タイトルとURLをコピーしました