リングセオリー:辛い立場の人に余計な言葉を掛けて傷つけないための理論

誰かが病気で入院したりトラブルで苦しい立場にいるときに声を掛けるのは難しいことです。重苦しい空気が流れ何も言えなくなります。

その辛さに耐えかねて発した言葉が相手を余計に傷つけてしまうこともあります。

そうならないためには間違った行動を認識し、そういった行動を取らないためのテクニックを覚えておくと良いでしょう。

間違った行動とは何か?

まず知っておくべきことは苦境に立たされた人にはアドバイスや同情、どれだけ心配しているかというアピールは不要ということです。

これらの行動は本人のためにしているように見えて実は自分のためにしているのです。

知人が大変な状況にいるときに「あなたの立場を考えると私も辛い」という話をするべきではありません。

職場の同僚が入院したり家族を失ったときにオーバーリアクションを見せる人もいます。
こういう人は心配している心優しい自分に陶酔しているか、冷たい人間だと思われていないだろうか?という不安をかき消そうとしているだけです。
家に帰ったら相手のことなどすっかり忘れているでしょう。

幼児虐待のニュースを見たときに「なんて可愛そうな…」と大げさに感情を込めて言う人と同じです。
一週間後、彼らに「あのニュースに出てた子供の名前を覚えていますか?」と聞いても答えられません。
彼らは自分に酔っているか負の感情を吐き出しただけだからです。

本当にどうにかしたいと思っている人はオレンジリボン運動を支援するなど行動に移すはずです。

辛い立場にいる人間にとって感情をぶつけられるのは余計に負担が掛かることなのです。
なぜならそれは発言者のために行われる行為だからです。

HSP(感受性が高く敏感な気質の人)の場合は上記と異なり無意識に感情を共有してしまうこともあります。

リングセオリー

リングセオリーの円

何年か前のロサンゼルス・タイムズに「間違ったことを言わないための方法」が掲載されていました。

そこには臨床心理学者のスーザン・シルク博士の提唱する「リングセオリー」というものが書かれていました。

やり方は簡単です。まずは中央に小さな円を描いてそこに苦しい立場にいる人の名前を記入します。
次にもう一回り大きな円を描きます。そこには中心の人物と親しい人物の名前を記入します。家族や恋人、親友の名前が入るでしょう。

さらに大きな円を描いて次に親しい関係にある人物の名前を記入します。友人や同僚が該当するかもしれません。

このプロセスを何度か繰り返します。もちろん自分自身の名前も円のどこかには入ります。

全て記載し終えたら完成です。そしてこの図にはルールがあります。

それは円の内側にいる人は外側の人に感情を吐き出しても構わないけれど、外側にいる人が内側にいる人に感情を吐き出してはいけないということです。
内側にいる人ほど辛い立場だからです。

中心にいる本人は誰に対しても「辛い、苦しい」と言っても良いですが家族や恋人が本人にそういったことを言ってはいけないということです。

では円の外側からはどんなことが出来るのかというとそれはサポートや癒しを与えることです。
それは余計なアドバイスや心配しているアピールではありません。

本人の求めに応じた具体的な行動やいつでも協力できるという安心感を与えることです。

自分のためにもなる

リングセオリーは中心にいる本人だけではなくあなた自身の助けにもなります。

例えば職場の同僚が入院したことで自分への負担が増したとします。
仕方のないことと分かっていても愚痴の一つも言いたくなることもあります。

それは人間として自然な反応ですから「私って酷い人間」などと思う必要はありません。
誰かに感情を吐露しても構わないのです。
その場合もリングセオリーに則って円の外側にいる人に言いましょう。
同じ円の中にいる他の同僚に言ってはいけません。

その同僚が本人と仲が良かった場合にどうなるでしょうか?
その同僚も落ち込んでいる場合に余計に傷つけることになります。

また何かのきっかけであなたの愚痴が本人に伝わってしまう可能性があります。
そのときフォローができません。
なぜなら円の内側にいる人のほうが本人と接する機会も多い上に、言っていることの信憑性も高く評価されるからです。

あなたが感情を向けるべき相手はあなたの家族や社外の友人ということになります。

心配しているということを言葉で伝えないと不安になる人もいるかもしれません。
しかし相手が本当に大切な人であれば何も言わなくても伝わります。

自分が入院しているときに恋人や親友がお見舞いに来てくれるだけでも心配してくれていることは分かりますよね?

知人のお見舞いに行くときなどはリングセオリーの円を頭の中で描くだけでも余計な一言で相手を傷つける心配がなくなるはずです。

タイトルとURLをコピーしました