取材依頼を装ったメールを送る人は心を病む前に転職を

ウェブサイトにメールアドレスを公開していると取材依頼や執筆依頼が頻繁に来ます。

残念ながら信憑性に欠けるキュレーションメディアや自称ライターからの依頼ばかりですが……

こういったメディアからの取材を受けてしまうと「そっち側の人間」と見られるリスクが高いため全て無視しています。

ここ数年は取材依頼に見せかけた広告掲載の営業などもかなりたくさん来ます。インタビュー商法や自費出版詐欺に近いものです。

先日も大手出版社が発行するファッション誌の広告枠を売っている小さな代理店の担当者から取材依頼に見せかけたメールが来ました。

この手の雑誌は自社ではなく中小の代理店に枠を売らせているので同じ時期に複数の会社からメールが来ます。

無視すれば良いだけの話なのですが少し気になることがあります。

それはそのメールを送っている人のメンタルヘルスです。
その仕事を続けていると高い確率で精神的に病むと思います。

紙媒体は効率が悪い

話が脱線しますが重要なことなので雑誌の広告効果について説明しておきます。

今回のメールに掲載料は書いてありませんでしたが業界の人からの話ではその雑誌の場合、紙面の大きさによって30万から100万円だそうです。

私は経営コンサルティングの仕事もしていますが、仮にこれだけの金額を支払って雑誌に広告を掲載するようならコンサルタントという看板を下ろさなければなりません。

なぜなら雑誌にそれだけの金額をかけてもそれ以上のリターンはないからです。

雑誌のような媒体ではその内容に関連した企業の広告でなければ効果は期待できないのです。

ファッション誌に無関係の業種はほとんど効果はありません。

まず雑誌の発行部数は自称ですからいくらでも嘘がつけます。印刷証明を取っているからといって正しさは裏づけられません。

仮に本当だったとしてもそれが売れた部数とは限りません。
そしてその雑誌を買ってくれた人が広告を見てくれるかも分かりませんし興味を持つとも限りません。

このように考えていくと紙媒体に数十万円も払って出稿しても効果がないということは分かります。
たとえ取材記事風に製作された紙面でも同じです。

インターネットのクリック広告のほうがはるかに効率が良いのです。
クリックされない限りは支払いは発生しませんし、クリックするのは興味を持っている人だけだからです。
興味のある人に効率的に訴求できます。同じ金額をかけても何倍もの効果の違いがあるのです。

実際に中小企業の経営者はここを理解していないために無駄な費用を支払い続けているケースが多いのです。

もちろんファッション雑誌にアパレル企業が広告を出稿するということは意味のあることだと思います。
読者層はファッションに興味のある人たちなのだから当然です。

しかし関係のない業種の場合は支払った以上のリターンは得られないのです。

ブラック企業

雑誌の広告効果については枠を販売している代理店の担当者も理解しているはずです。

それでもなぜ売りつけようとするのでしょうか?

それはブラック企業にいるからです。

文面を見た瞬間にこの会社はブラックだと分かりました。
今その会社のウェブサイトと求人サイトを確認しましたが典型的なブラック企業にありがちなものです。

ただの飛び込み営業なのに「○○プランナー」や「○○クリエイター」の募集となっていました。

広告代理店に入ってクリエイティブな仕事をしたいと思っている若者を搾取する会社がよく使う手段です。

その他にもブラック企業を裏づける記載が複数見られました。

担当者も本当は電通や博報堂といった会社に勤務したかったのかもしれません。
もしくはファッション雑誌のクリエイティブな紙面づくりに携わりたかったのかもしれません。

でも実際には効果がないと分かっている広告枠を売り続ける仕事です。

最初は違和感を抱きつつも会社からの圧力によって意味のないものを売っているのです。

このようなことを続けていたらどうなるでしょうか?
精神的に病む可能性が高いです。

絶対に書いてはいけない一文

今回、受け取ったメールを見てこの担当者のメンタルは大丈夫なのだろうか?と思いました。

冒頭でも書いた通り送られてきたのは取材依頼に見せかけた営業メールです。

掲載料が発生するということは記載されていました。

しかし人を疑うことを知らない人が読んだら「今回の特集は自分だけが特別に選ばれたのだ」と勘違いしかねない内容です。

現時点の法律で規制されていないだけでやっていることは詐欺とほとんど同じです。いつか大きな罪悪感に襲われます。

そしてもう1点かなり危険な領域まで踏み込んでしまっていると判断せざるを得ない記載がありました。
それは「私もHSPに当てはまる点があります」という一文です。

多くの営業担当がこういったこを書いてきますが、これはカウンセリングルームへの営業で絶対にやってはいけないことです。

「私も心の悩みを抱えている人たちと同じ仲間ですよ」というアプローチの仕方は人として最低です。本当に悩んでいる人にも失礼です。

本当にHSPだったとしても仕事のメールに記載するべきことではありません。

道路でうずくまって「大丈夫ですか?」と声を掛けてきたた人を襲って財布を奪うようなものです。

こういった一文を書くことで「全員に一括でメールを送っているのではありません、きちんと内容を確認して送っているんです」というアピールになると思っているのでしょう。

でも絶対に書いてはいけないことでした。

このようなメールを送ってでも仕事を取らなければと思っている時点でかなり危険です。

メールの文面だけでそんなことが分かるのか?と思うかもしれません。
確かに心の問題はメールだけでは分からないこともあります。
しかし確実に分かるケースもあるのです。今回がそれです。

私に限らずカウンセリングの仕事をしていればほぼ全員が分かると思います。
それくらい今回のケースは典型的なものです。

病まなくても人は離れる

割合としては少ないですが詐欺まがいのことをしていても病まない人もいます。
洗脳されているか自分の性格を無意識に悪い方へ矯正した人です。
このタイプは心を病まないかもしれません。

しかし顔つきが邪悪なものになっています。
仮にあなたがそのタイプであるなら鏡を見てください。

詐欺を働く人の顔は瞬間的に分かります。
これはポール・エクマン博士の微表情分析を用いるまでもありません。

人間の本能が過去のデータと照合して「コイツは詐欺師だ」と教えてくれるのです。
これは超能力でも何でもなく自分で意識していない脳の部位の働きによるものです。

仕事を始めてから友達が減ったり恋愛が上手くいかなくなったりしていないでしょうか?
それはあなたが人を遠ざけるサインを知らないうちに発しているからです。

自分のやっていることは「仕事」なのか「迷惑行為」なのか見極めなければなりません。

あなたは大切な人に今やっていることを「これが私の仕事です」と堂々と言えますか?

タイトルとURLをコピーしました