ストレスコーピングのリストを作成して御守にする方法

ストレスに対し自分から意識的に働きかけ対処することをストレスコーピングと言います。(coping=対処)

ストレスを感じやすい人は自分で簡単にできるストレスコーピングをリスト化して常に持ち歩くと効果的です。

リストを作成するという行為そのものがストレスへの向き合い方を変えてくれます。作るだけで心が落ち着くこともあります。

そしてそれを持ち歩くことでストレスを受けたときに「自分には対処法がある」と思うことが出来ます。御守のような役割を果たしてくれるのです。

そのリストを見ることがストレスコーピングになることもあります。

自分から意図して戦略的にに行うのがストレスコーピング

ストレスコーピングのリスト

ストレスコーピングの方法はいくつかに分類できます。ストレスの原因(ストレッサー)から離れる、認識を変える、ストレスを取り除く・発散するなどです。

ここで説明するのはストレスを取り除く・発散する方法のリストです。

ストレスの発散は多くの人が意識するかしないかに関わらず行っているかもしれません。
運動したり美味しいものを食べたりお酒を飲んだりというのがそれです。
ストレスコーピングの中でもストレスを発散するための行動というのは最も取り組みやすいものです。

しかし自分で意識して行いその効果の検証までしている人は少ないです。

同じ行動でも「これはストレスに対する積極的な処理方法(ストレスコーピング)である」と認識して行うかどうかによって効果は変わります。

ストレスが溜まったときにお酒を飲んで一時的に気を紛らわせることが出来ても二日酔いで体がだるくなったり余計に気分が滅入ってしまうようではそれはストレスコーピングとは言えません。

自分ではストレスをうまく処理しているつもりでも気づかないうちにストレスが溜まり続けている可能性があるのです。

自分が行っているストレス解消法は本当に効果があるのか点検してみましょう。積極的かつ戦略的に行い効果の検証まで行うのが正しいストレスコーピングです。

ストレスコーピング・リストの作り方と実践

ストレスコーピングの内容はどんなものでも良いのです。自分の気に入ったものでかまいません。
簡単に出来てお金の掛からないものがたくさんあると良いでしょう。

深呼吸をする、猫の写真集を見る、散歩をするなどなど……

これらの全てがストレスコーピングになります。

ストレスを感じていないときも日常生活の中で何となく心地よいと感じたことは書いておきましょう。

ストレスコーピングのリストは何に書いてもかまいません。手帳でも良いですしスマートフォンのメモ機能でもかまいません。

リストを作るだけではなくそれを試すことがが重要です。
ストレスを受けたときにリストの中から自分の好きなストレスコーピングを選んで実践するのです。
何を選ぶかは直感でかまいません。そのときに最もやりたいと思ったことを選びます。

どのストレスコーピングを使えば良いのか選べないという人はそのストレスが動的なものか静的なものかに分けてみてください。

例えば仕事が忙しすぎてイライラしているというのは動的なストレスです。このような場合はゆっくりとしたストレスコーピングのほうが適していることが多いです。
仕事で疲れているのにジムで激しいワークアウトをしたら余計に疲れてしまうかもしれません。

人間関係のイライラのような静的なストレスは体を動かすことで発散できることが多いです。
家でボーっとしているとそのことばかり考えて精神的に辛くなってしまうこともあります。
とはいえあくまでも傾向ですから人によって適用の仕方は異なる場合もあります。

ジムで体力をつけて忙しい仕事を乗り切ることもあれば、家でボーっとすることが心の安らぎを与えてくれることもあります。

ストレスコーピングを行ったらどのくらいの効果があったのか又は無かったのかを検証します。
そうすることで自分自身の扱い方が分かってきます。

ストレスコーピングのリストは定期的に書き換えることをおすすめします。
新たな内容を付け加えたり、効果のないものを削除したりリストの下のほうに移します。

どんなに些細なことでも良いので出来るだけ多くのストレスコーピングを見つけてください。
リストに書かれた数が多ければ多いほど心に余裕が生まれます。

一つ一つの行動を楽しむ

思いつかないという人は一つ一つの行動を楽しむことに意識を向けると数を増やすことができます。

例えば「お風呂に入ってリラックスする」をストレスコーピングとして取り入れるとします。

これ自体は1つのストレスコーピングですが分割することでもっと楽しむことが出来ます。
入浴剤を買う、入浴剤を湯船に入れる、お湯の中でリラックスすると3つに増やすことが可能です。
入浴剤は今様々な種類が販売されていますからお店で見るだけでも楽しいものです。

また私事ですが固形の入浴剤をお湯に入れた瞬間のシュワシュワした反応を見るとワクワクします。そういう人は少なくないと思います。

お湯に浸かるときも体が回復していくイメージを持つともっとリラックスできます。

ファイナルファンタジーというRPGゲームに「回復の泉」という体力が回復する泉があるのですが私はよくそのイメージを持ってお風呂に入ります。
(実際に炭酸ガス入りの入浴剤は血管を拡張してくれるので血流が良くなり疲労回復に効果的です)

「美味しいものを食べる」の場合も具体的な食べ物の名前やレストランの名前によって複数に分けることができます。

これらの一つ一つをストレスコーピングとしてカウントするとリストの数を増やすことが可能です。

ぜひたくさんのストレスコーピングを見つけてください。それが心を落ち着かせる御守になってくれます。

タイトルとURLをコピーしました